2016年02月04日

ヨジャチングの勢いが止まらない!!ついに、Mカで1位受賞!! これは大きい・・・・


ヨジャチングの勢いが止まりません!!

000.jpg
ついに、Mカで1位受賞です!!

これは、大きい・・・・

おめでとうございま〜〜す
\(^o^)/





感動のシーンを見ていきましょう。

000.jpg
その瞬間・・・・

004.jpg
美しきリーダーソウォンは、マイクをシンビに渡しました。
常に自分は一歩下がって、メンバーたちを立てる謙虚さ。
しかし、ソウォンよ。それでも美しさが輝いてしまうのを
あなたは気づいているだろうか。

006.jpg
サブリーダー(?)シンビのしっかりした挨拶。

008.jpg
そして最も印象的だったのが、歌姫ユジュ。
信じられないという表情で、止まらない涙を抑えていました。

Yuju0000.gif
歌姫ですからね。Mカで受賞することの重さを
十分理解していたのでしょう。

009.jpg
MCのお兄さんたちが締めますが、
背景では、ラブムのメンバーがもらい泣きでしょうか。
目に光るものがあります。

020.jpg
ソルビンとステラのミンヒが笑顔で祝福。

022.jpg
そして、見よ!この光景!

023.jpg
ラブムでは私が一番お気に入りの脚線美人ソルビンが
我が愛しのスーパー脚線美人とハグです。
これは最高に美しい瞬間。

024.jpg
ダブル脚線美人で、2倍の美味しさ(笑)

026.jpg
アンコールが進行中なのに、まだ涙が止まらないユジュ。(後姿)

028.jpg
イェリンが
「ほら、ユジュ。泣かないで歌わなきゃ!
歌姫でしょ!」

029.jpg
メインパートを歌うユジュ。さすがにしっかり歌ってますが
涙で声量がいつもより小さめです。

040.jpg
今日は、イェリン、泣かないよ!!

042.jpg
ソウォンが「最敬礼(큰절 クンジョル)」、しようか。」

044.jpg
シンビも、その体勢。

しかし、その瞬間、カメラが観客席に切り替わって
肝心な場面が写ってませんでした(笑)

048.jpg
まだ、涙が止まらないユジュ。
後光のような黄昏の中

049.jpg
聖母マリアのような、ソウォンの抱擁。

060 (2).jpg
ヨジャチングの栄光を讃えるように
背景の夕陽が、彼女たちをいつまでも照らしていました・・・・





062.jpg
楽屋でのスナップ。
ユジュはまだ涙していて、目が真っ赤です。

本当に、Mカでの受賞は大きい・・・・
初めて、実感が湧いてきたのではないでしょうか。




では、簡単に集計を見てみましょう。
大物スターSUJUのリョウクのソロとの対戦でした。

左がリョウク、右がヨジャチングの集計得点です。


音韻販売量点数  50% 
国内4大オンライン音源会社(Mnet.com, Melon, Soribada, Bugs)
の週間音源順位を合算
1024 vs 5000☆

レコード点数 15%
ハントチャート販売量データを根拠とする
今週の週間販売量(ランキング)を反映
☆1500 vs 239

ソーシャルメディア点数 15%
ユーチューブ公式ミュージックビデオ点数
516 vs 1500☆

選好度点数 10%
MCOUNTDOWNホームページ(Mnet, Mwave)、MnetJapanや
Googleで行われる国内外のオンライン投票結果や
リサーチ専門機関「マクロミルエムブレーン」を通じて
15歳から39歳の男女1000名を対象に
候補曲50曲に対する選好度を集計して合算
718  vs  978☆

Mネット放送点数 10%
Mnet チャンネル放送点数 (MV・放送など)
☆1000 vs 942 

生放送投票点数 10%
M COUNTDOWN生放送中
視聴者のリアルタイム1位投票を点数化
☆1000 vs 765


合計
5758 vs 9424☆


巨大なファンダム組織に支えられているだけあって
音盤数(CDなどの共同購入など組織力がものを言います)や
リアルタイム投票などでは、圧倒的強さのリョウクでした。

999.jpg
これを見た時、「ああ、もう勝算ないじゃん」というムードでした(笑)

しかし!!!!

今回のヨジャチング、音源と動画再生回数が驚異的なヒットなのです。
そして、音源数の割合は50%と非常に大きいです。
重視される音源数で勝ち取ったトロフィーでした。


200.jpg
この動画が世界的に有名になり、ヨジャチングの知名度が増しましたが
それだけでは、「注目を集めた動画」だけで終わっていたでしょう。
音源数増加には結びつかなかったと思います。
しかし、これを見た人たちが、動画とは全く別に
「この音楽、いいね。」と思って、音源を購入する気になった・・・・・

その点が非常に重要なのです。

ヨジャチングを知らない世界の人たちが、音楽を聴いて
心を惹かれた。本当に人の心を動かすというのは
簡単なことではありません。


作曲家などのクリエイターたち、演出、裏方
そして、ヨジャチングの才能とセンス。
全てが結晶して成しえたこと。

本当に人の心を動かした音楽は、チャート上位に輝く
期間と持続力が強いのです。

それが、今回の感動の受賞に結びついたと言えましょう。






ペンコメント欄の書き込みはこちらfax to


タグ:GFriend

AOA クリームの曲「질투나BABY」はTwice(トゥワイス)の作曲家が担当 + 新画像も出た!!


AOA CREAM
連日の新画像が続々と来てますね〜



040.jpg
本日の新画像。

042.jpg
見るたびに印象が変わるのは、ヘジョンらしいかも。

044.jpg
チャンミだけ髪がブルー。

046.jpg
お菓子の国のシンデレラ?(笑)

008.jpg


2月10日には、AOAクリームとして
MBCの「週刊アイドル」を収録予定。
番組の放映は2月24日または3月2日。
(かなり先だなぁ)


そして、AOAクリームの初シングル「질투나요BABY」の
作曲家も判明しました。その名も
블랙아이드필승
(ブラック・アイド・ピルスン)



009.jpg
今を時めくJYPの新人TWICEのデビュー曲
「OOH-AHH하게」を担当した作曲家ですね。




私が好きだったのは

008.jpg
ヒョリンとジュヨンのデュエット「チウォ」(←クリック)
これはラテン系の哀愁曲で私好みでしたね〜〜
(今回の記事は「チウォ」をBGMでどうぞ♪)

220.jpg

Zia00.gif
missAの「다른 남자 말고 너

020.jpg
GOT7の「If You Do(니가 하면)」も私好み。

それに対して

022.jpg
シスターの「Touch My Body」
あははは・・・・
これは、私の好みからはかなり外れるかも(笑)


블랙아이드필승(ブラック・アイド・ピルスン)は作曲家チーム名。
この名前で最初に出したのはシスターの「Touch My Body」です。

028.jpg
崔圭成(チェ・ギュソン)とラド(라도)のふたり組です。
それまでの経緯を簡単に見ていきましょう。
二人とも、シンサドンホレンギ(新沙洞タイガー)と共に
曲作りをした下積みがあります。

崔圭成(チェ・ギュソン)は、主にT-araの
ボピボピ、ロリポリ、ラビダビあたりの全盛時代、
そして、ビーストのFictionや

024.jpg
ヒョナの「Bubble Pop」も共同担当。

単独での仕事では


ホン・ジニョンの「ブギメン
(トロットも書けるとは、かなりの素質の持ち主ですね。)

ダビチの「오늘 따라 보고 싶어서 그래 Missing you Today

026.jpg
A-PINKのハヨンがト・ジハンとMVで共演した
ホガクの歌う「1440」など
特徴としては、情感豊かな、場合によっては哀愁感が
適度にブレンドされた繊細な曲
が多いようです。


一方、相方のラド(라도)
本名はソン・ジュヨン(송주영)
ラドは出身地が全羅道であることに由来しており
師匠のシンサドンタイガーに習ってるかも(笑)
チェ・ギュソンより、多様な仕事をしています。
ビーストの「숨 Breath」、ホガクの出世作「Hello」
そして、MBLAQの「モナリザ」など。
ラップが多く、リズム感にうったえる感じの曲ですね。

そうなると、

008.jpg
私のお気に入りのヒョリン&ジュヨンの曲は
チェ・ギュソン寄り。

022.jpg
シスターの「Touch My Body」はラド寄りと言うことになるかも。


さあ、そうなると注目のAOAクリームの新曲は
はたしてギュソン寄りかラド寄りか??

蓋を開けるまでは、分かりませんね〜〜


ただ、一つだけはっきりしたことがあります。

今回のAOAクリーム。
AOAセブンの日本オリジナル「OH BOY」がそうであったように
FNCお抱えの二人あたりに適当にやらせておくのかな
などと思っていましたが、
さすがに作曲家は選んできましたね。

024.jpg
さすが、ハン代表!!
ここぞという時の作曲家の選び方
中々、渋いじゃないですか!!


と言うわけで、AOAクリームは
果たしてどうなるか。

毎日のように、目が離せません\(^o^)/




ペンコメント欄の書き込みはこちらfax to

タグ:TWICE AOA Composer
posted by KYcat at 00:15| Comment(2) | AOA(Ace of Angels)