2016年02月17日

ブレイブガールズに思う 商業と芸術の狭間で

加筆予定といいつつ
忙しくて24時間たってしまいました(^^ゞ

新しく記事にして、
ブレイブガールズについての本音を語ろうと思います。

新曲「변했어」

Brave-Girls02.gif
MVはカメラワークを駆使して凝ってますね。
時間をかけて作り込んだ感じがいたるところにあります。

Brave Girls00.gif
2人だけ残った初期メンバーの1人
ヘランはラッパーとして成長しました。
ラップと音楽との融合が見事で
全編の見せ場となっています。

004.jpg
黒と白のシンプルな衣装。

002.jpg
The Showにも登場。
160216 The Show - Brave Girls - Deepened

000.jpg
ショーケースもありました。


今回の曲も、明らかに他の歌手とは違った
新しいものを感じさせてくれます。

ブレイブサウンドファンとしては
勇敢な兄弟が商業主義とは別に「本当にやりたい音楽」
思う存分追及している場として非常に興味深く
個人的趣味の世界に没頭させてくれるガールズグループと言えます。
私の「お気に入りリスト」にも、確実に加わるでしょう。

2008年のソン・ダムビの「Crazy」のヒットをきっかけに
スター作曲家としての道を歩み始めた勇敢な兄弟。
出す曲の7つは必ずチャート上位にあるという時期もありました。
本来、裏方的存在だった作曲家が、スターとして
ネームバリューを持つ現象
の先駆けとなりました。
勇敢な兄弟が作曲したというだけで売れる!!
そういう時期もあったのです。

いわば「まず作曲家ありき」で発足した感のある
ブレイブガールズ。
彼女たちのデビューで思った、ブログ主の本音を言いましょう。

「ブレイブガールズは
売れないと思った。」


え〜〜! また強烈な本音ですね〜〜!
それはいったいどういうわけでしょう?

売れないって何? ブログ主の本音の続きを読む(←クリック)
タグ:Brave Sound
posted by KYcat at 16:06| Comment(4) | ブレイブサウンド