2016年10月30日

いよいよ来た!! TWICE 対 B-PINK どうなる?大物対決


000.jpg

992.jpg
TWICEの新曲「TT」
が、現在プロモ真っ最中。

音源チャートのグラフを見てみましょう。
実は、その直前まで、ソミのためにJYP社長がプロデュースした
I.O.I「ノムノムノム」の音源快進撃が続いていました。

004.jpg

988.jpg
前回の記事で書いた「音源1日天下の法則」による
12時以降の急降下がありません。
I.O.Iは、早くも音源強者となったんですねぇ・・・・って
それは結論が早すぎます!!!!(笑)

@新人アイドルへの熱狂で、連日報道され
野次馬根性で人が人を呼び、多くが集まる現象があります。
いわゆる「お祝儀相場」のようなもの。
A大手事務所のCD自社買い程大げさで露骨ではありませんが
財力と組織力、そして手慣れた技があれば、音源でも
ある程度は「操作」することが出来ます。

防弾少年団やヨジャチングのような「中小企業の星」では
組織力による操作は出来ません。
従って、彼らのなしとげた音源の持続力は
人々の心を本当に動かしたと言う意味で、大きな成果と言えましょう。
(バンタンはCD販売量です。
彼らには海外の大きな支持層があると思われます。)

とはいえ、これだけの音源持続力があるので

006.jpg

008.jpg
今週はI.O.Iの復活受賞の週となっています。

009.jpg
DIAのチェヨンもいますね。
まるでDIAも売れたような錯覚に陥ります。

020.jpg
AFTER SCHOOLをさしおいて
プレディスガールズも7月30日にお披露目。
何か、ソミもどきがいるみたいな。(笑)

022.jpg
ナヨンとキョルギョンがいるだけで
よく知らない人は、I.O.Iもプレディスガールズも
区別つかないのではないでしょうか。

I.O.Iが売れたら、プレディスガールズも売れたような
錯覚に陥ります。

I.O.Iが売れた頃を見計らって、プレガを出していくと
苦労しないで金儲けできるかも・・・・?

I.O.Iって究極の
「後出しジャンケンなドリームチーム」
「K-POPの要領よい合弁会社」
って感じですね(笑)
これも、新時代の新しいK-POPビジネス形態なのでしょうか。


いきなり、話がそれましたが・・・・


で、TWICEが新曲を出して、どうなった?

024.jpg
(笑) (笑)

いやぁ まるで絵にかいたような
出来過ぎた交代劇(笑)
「I.O.Iのソミも祝福してくれました。」by TWICE
・・・・って、I.O.Iは見事な、TWICEの前座ですかぁ
現在、TWICEはPAK達成。グラフも天井打ち。

こういうシナリオ通りの展開って、
本ブログでは盛り上げようがないって感じですが

しかぁ〜〜〜〜し!!


208.jpg
11月1日
YGのBLACK PINK 新曲発表、目前に迫る!!


来たぁ〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!

ビッグ3のうちの二つが激突。

YG vs JYP

BLACK PINK vs TWICE


真剣勝負で火ぶたを切る
「K-POP 仁義なき戦い 第2部」
アイドル 頂上作戦!!


面白れぇじゃ〜〜ん!!!!

歌番組の賞レース。
さすがに同日対決ではなく、1週ずれましたから
第1週は、TWICEの独占でしょう。
当然、第2週以降は連覇を狙ってくるはず。
ここに、大手YGの超大物新人B-PINKが立ちはだかる。
近年にない最大の盛り上がりではありませんか!!

可能性としてあるのは

@B-PINKがTWICEを完全撃破してグランドスラム達成。

AB-PINKがTWICEと上手く星を分け合って、引き分け。
事実、B-PINKは、Mカと人気歌謡にのみ出演という情報があります。
もしかして・・・・
「ミューバンはTWICEに譲るから
どうぞ連覇記録でも作ってくださいな。
その代りMカと人気歌謡は頂きますよ。」
って
日本の相撲取りの八百長じゃあるまいし
星を分け合ってど~~するんだよ!!

勝負するなら、相手の息の根を止めるまで
完全決着つけろって。

BB-PINKが意外と不甲斐なく、TWICの独走を許す。

これって、結構、可能性あるような気もします。




ここで、私の個人的TWICE観を、本音トークで行きます。
(あくまで個人的趣味の問題であって、一般化する気はありません。)

028.jpg

029.jpg
長身&脚長、小顔、お尻のボリューム

040.jpg
三大重要要素合格のジョンヨンは私好み。

042.jpg
ロングのジョンヨンって
初期の少女時代のスヨンに似てますね。

044.png
そっくりかも。

046.jpg
瓜二つでしょう。(これは、スヨン当人だって!!)

他にも
デカい女、ツウィに
何気に、常にエロいミナ。

ビジュアル的には、大いに気になるTWICEですが
その音楽性や演出に関しては
現在、ヨジャチングの強烈なガチペンの私にとって
いささか「明るすぎで、影なさすぎ」という感じで、まだまだ静観中。

K-POPアイドルが
ロリーポップでこんな格好されようものなら

048.jpg
うわぁ〜〜〜〜
私には、完全に関係ない人たちだァ

・・・・ってこれはラブリズだって!!
ミジュは最近エロくなってますよ。

049.jpg
こちらが、本家本元。
(スヨンがメンバーでなかったら、今頃
少女時代には見向きもしなかったでしょう。)


で・・・・
こんな格好で「しゃあ しゃあ しゃ」なんてやられたら

060.jpg
うわぁ〜〜〜〜
私には・・・・(ここから先は「言わぬが花」)爆
(私にとっての永遠の「しゃあ しゃあ しゃ」は
オレンジキャラメルのナナ様です。)

ご存知の通り、趣味趣向は非常に「ハッキリしている」
ブログ主ですが

しかぁ〜〜し


Touch Down00.gif

前作アルバムの収録曲「TOUCH DOWN」!!
これはカッコいい!!
私好みの世界です。
マジで、惚れかけました。

アメリカンな強い女のイメージで
まるで映画の登場人物のようです。
ハリウッド映画好きの私にはストライクゾーンです。

TD Momo00.gif
モモの腿(もも)エロ。

TD Mina00.gif
ミナの腹筋エロエロ〜〜(←そればっかりかよ!!)

この方向性なら、私の心もかなりTWICEになびくかもしれません。
JYP社長も西洋かぶれのアメリカ好きだし
今回の新アルバムにも期待がかかりました。

そして「TT」公開。
(この「ティティ」って題名の発音。
アメリカ限定ですが、スラングで「大変な意味」になりかねないですが
大丈夫でしょうか。)笑

期待して蓋をあけたら・・・・

062.jpg
ん?

064.jpg
こ・・・・これは

066.jpg
お子様向けですか??

う〜〜〜〜む
TWICEの方向性・・・・これでいいの?

と言うのが率直な、第一印象です。
(あくまで個人的意見)


アルバム収録曲をザッと聞いたところ
Touch Downのような曲は一曲もなく
全体的に、少女時代やA-PINKのようなカラーを
感じます。

理解はできますよ。
何せ、「しゃあ しゃあ しゃ」が大受けでしたからね。
「TOUCH DOWN」の方向性もあったのでしょうが
大きく家族向け路線にかじを取ったといったところでしょう。

いわば、熱狂的なファンに媚びた・・・・

すなわち、早くも
ファンに都合のよいアイドルグループになる
選択をしたのか?

はやくもTWICEに
A-PINK化の兆候が表れたか??


TWICEがA-PINK化したとすれば
短期間で、トップアイドルとしての地位を確立できるでしょう。
しかし、芸風が限られて、時代の変革期に対応できず
凋落も早い・・・・

まあ、そんな先のことまで読んでどうするの?
って感じですけどね(笑)(笑)

今のTWICEに「影ある女」とか「人生の悲哀」を表現するなどと
言っても、「何、気取ってるの〜」
「ちゃんちゃらおかしくて観てられねぇ〜〜」となりそうですし、
ガチペンからも「変なの〜〜」コールが起こるでしょう。
芸風が限られた状態であることは確かです。





で・・・・
この世紀の決戦を予想するポイントとして
JYP社長とYGのヤン・ヒョンソク代表を簡単に比較してみます。

069.jpg
簡単に言えば、JYP社長は
あまりクラシックはお好きでないようです。
(もちろん、クラシックはすべての音楽の基本なので
決して軽んじてはいないと思いますが
自社のカラーには取り入れない主義。)

マイケル・ジャクソンの真似が上手くて
クールに決めようものなら、ご機嫌になる感じです。(笑)

068.jpg
それに対してYG代表は

080.jpg
楽童ミュージシャンのような
クラシック寄りの音楽にも理解を示しており
かなりの懐の広さを持っています。

082.jpg
無名時代のヨジャチング歌姫ユジュが
K-POPスターに出た時に
クラシック向きの歌唱を高く評価してくれました。

084.jpg
패자부활전이 있으면 이 친구 다시 올리고 싶어요
「敗者復活戦があったら、
この子を、また高く評価したいと思います。」

(↑ ありがとうございま〜す。)

JYP社長とは対照的な反応だったことは
Buddy(ヨチンのガチペン)にも有名な話ですね。


そして、B-PINKのティーザーや「STAY」のメイキング画像。

086.jpg
088.jpg
おお〜〜 ザ・廃墟!!
これは私好みの予感?


BLACKPINK - SQUARE TWO TEASER FILM D-3

そして「火遊び」は、どうやら・・・・短調!!

能天気なほど明るいTWICEのカラーとは
対照的に来ましたねぇ〜〜

「可愛いのがすべてではない」
BLACK PINKの名前の由来も、面白い。
A-PINKに反旗をひるがえすとは、アッパレ!!
でも、A-PINKの方が先に凋落しちゃって
その代り、TWICEがA-PINK化とは(笑)
やはり「B 対 A」となるのか。

いやいや、ティーザー段階で期待して、ふたを開けたら
あれれれれれ・・・・なんてことは
K-POPではいくらでもありましたから
結論は急ぎませんよ。


メンバーについては現在、査定中。
脚線美人は?

089.jpg
リサ・・・・
う〜〜む
もう少し、お尻のボリュームが欲しいか・・・・

090.jpg
吉○ひなの?

誰だよ!なんて声が聞こえてきたりして(爆)
時の経つのは早いですからね。光陰矢の如し。

まだまだ、検証中です。
ビジュアルよりも音楽で聴かせてくれても
十分OKだと思います。


そして、TWICEについても、
どうしても、一度は書いておきたいことがあります。

TWICEはまだ、
大きな試練を克服していない



@TWICEにも「4曲目のジンクス」はやってくる

3曲までは、とんとん拍子に行くんですよ。
ただ、ここまでカラーが狭まってしまうと
4曲目をどうすべきか。
「しゃぁしゃぁしゃ」をまたやるのか?
迷いが生じた時が、危険信号。
大記録達成の後、大コケのジンクスは
TWICEにも訪れる可能性はあります。
どう克服するでしょうか。


A多国籍アイドルの地雷を踏む危険性

092.jpg
ミナ、モモ、サナという日本人メンバーがいることは
TWICEの人気の原動力の一つになっているかもしれませんが
これは、諸刃の剣であることは事実でしょう。

TzuYu00.gif


쯔위 공식 사과 / 周子瑜公开致歉
ツウィが「台湾、中国」の間で板挟みとなって
大変なことになったことは記憶に新しいですが
あの「アメリカ人K-POPブロガー Mさん」の
当時のツイートを久しぶりに引用してみます。

『「台湾は中国です。」と言わされた
ツウィが可哀想だなんて、皆で騒いでるけど
もし、ミナ、モモ、サナが
「○○島は日本の○土です」と言ったら
それでも韓国のファンは同情してくれるのかよ。』

By Mさん


うわぁ・・・・
全く、アメリカ人ときた日には
日本人が、腹で思っていても絶対に口に出したくないことを
平然と言ってのけますね〜(汗)

まあ・・・・そりゃ 分かりますよ。

韓国アイドルに、日本人が3人もいると
色々なことが起こりえます。
大統領の任期切れが迫って、支持率が低下すると
かならずやるのが日本叩き。安直に支持率を伸ばそうとする
あのパターンにはうんざりですが
そんな時に、たまたまTWICEが日本公演なんてことになってたりして

094.jpg
島絡みで、ちょっとしたうかつな発言の
揚げ足を取られようものなら、えらいことです。
ツウィの時は、あの程度で済みましたが
こっちの方は、ただでは済まないかも。
何せ
韓国側と日本側のアンチが双方から総攻撃されれば
収拾がつかないでしょう。
ミナ、モモ、サナが、
韓国よりの発言をすれば、下手をすると日本の土が踏めなくなります。
日本よりの発言をすれば、TWICEから追放ものです。

現在のTWICEの「にわか景気」が過熱ぎみになればなるほど
危なっかしくて 危なっかしくて・・・・(汗)
「心配性」の虫が騒ぎだしてしまいます。

だた、一つだけ安心な面があります。


社長は日本市場に対して慎重であることです。
ワンガの日本デビューで嫌なことがあったのでしょう。
JYPの女性グループは、日本市場に対して距離を置いています。
TWICEの日本人メンバーにしても、
日本市場売り込みのための商業的戦略と言うよりも、
国籍を問わず才能ある若者を発掘した結果
たまたま日本人だったという方が正しいかもしれません。
JYP社長は商売人というよりも、やはり芸術家ですからね。

TWICEは日本デビューするべきではない・・・・

日本市場に近寄らなければ、地雷炸裂は避けられるかも。
いや、それでも予期せぬことは起こりえますが。

遅かれ早かれ、多かれ少なかれ
TWICEは何らかの形で、この試練に直面するときが来るでしょう。

それを克服した時、初めて一皮むけたアイドルとなるでしょう。
(その時は、メンバーが3人ほど減ってるなんてことだけは
避けてほしいです。)汗

999.jpg
日本がらみのバッシングはAOAに任せて
自分は安全圏に逃げようったって
そんなに世の中、甘くな〜い(笑)

それにしても、AOAが何であんなに
日本絡みで魔女狩りの集中攻撃をされたか
結構、不自然だなぁ なんて思ってます・・・・


K-POPアイドルと日本市場については
まだまだ語りたいことがありますが
あまりに話がそれますのでこの辺で。


さあ! ブログ主の偏屈な心配性はこの辺にして
ついに、火曜日に迫りましたね。

11月1日 
(あと数時間で)
BLACK PINK 追撃開始!!

YGのヤン代表、「1」並びの日付で験を担ごうとしてますね。
やる気を感じます。
めったにないK-POP、旬な女性グループの大激突。
楽しみに待ちたいと思います。
(と言っても、もう数時間に迫りました!!
もっと早くアップして、予想する楽しみを読者の方に味わって
頂きたかったですが、入魂の余り時間がかかってしまいました。)(^^ゞ

096.jpg
TWICE、天上に張り付いてますねぇ
「がぁ〜〜!! 1位だ! 1位だ!
1位はTWICEだ。
B-PINKよ。どこからでも、かかってきやがれ。
絶対に・・・・絶対に引きずりおろされないからなぁ!!」

By TWICE関係者たち

あのぉ〜 あまり「1」という数字に亡者のように執着すると
どこかでしわ寄せがきて、ポキンと折れちゃいますから
ほどほどにしないとね。



200.jpg
こうなるでしょうか。

202.jpg
それとも、こう?
ありえますが、B-PINKは後半追い上げ型でじわじわ追い詰める
パターンかも。

204.jpg
それとも、くんずほぐれつの「がっぷり四つ」が延々とか。


206.jpg
これはないでしょう。見たことがありません。


TWICE、B-PINKとも静観中ですが
決戦の結果は、非常に気になります。
少々遠くから、冷静に観察したいと思います。






凋落するA-PINKの記事を書いた直後にこのニュース。

098.jpg
7年目のRAINBOW解散・・・・


アルバム「BLACK SWAN」はかなりのクオリティーでした。
結成当時からメンバーが変わっていなかったのも特筆すべき点。
日本デビューからお色気路線に至るまで、
やるだけのことはやりましたね。
モチベーションについても完全燃焼でしょう。
7年間、ご苦労様でした。

夢をありがとう。


ペンコメント欄の書き込みはこちらfax to
posted by KYcat at 23:00| Comment(0) | TWICE

2016年10月26日

A-PINK 歌番組「惨敗」に見るK-POP「時代の変化」

世代交代の風雲急を告げるK-POP界。
K-POPニュースサイトなどの提灯記事では決して扱わない
しかし、はっきりと存在している事実。
ブログ新天地は、素通りせずにしっかりと分析します。

今回は、久しぶりに本音を爆発させてみようと思います。
TWICE、B-PINKなど話したいことは山ほどありますが
ものには順番があります。今回は、女性アイドルのファンダム
不動の2位を誇るA-PINKについて

まずは・・・・


10月、K-POP音楽番組の
「1位受賞シーン」を振り返ります。

000.jpg
先週は防弾少年団が4冠を達成しました。
今回のバンタンは、私好み。
かなりクオリティが高かったですね。
人気歌謡 対Davich, Crush
ミューバン 対SHINee
Mカ 対Davich
ショーチャン 対Davich, SHINee etc
ちなみにThe Show はGot7でした。

002.jpg
その前の週は、SMEのSHINeeの受賞独占。

人気歌謡 対パク・ヒョジン
ミューバン 対パク・ヒョジン
Mカ 対A-PINK
対戦相手は、音源強者です。
(A-PINKについてはじっくり後述)

004.jpg
さらにその前の週は
大手JYPEのGot7の独占の週でした。
対戦相手は、볼빨간사춘기(赤頬顔の思春期)。
音源強者の逆走ヒットですね。

実は・・・・

9月26日からの3週間は

006.png
A-PINKの1年2ヶ月ぶりのカムバックで、
大々的なプロモとともに、満を持して臨んだもの。
音楽番組でも1位受賞を狙う所でしたが、
結果は・・・・

A-PINKの惨敗 全敗

「Luv」(2014年12月5日)での記録達成の勢いはどこへやら
前作「Remember」では、
連覇ならずとも1週目だけでも取っていました。
ところが今回は、1回も取れず

思い起こせば、2014年12月の歌番組。
同日リリースで戦いを挑んだスーパースター
Super Juniorは対A-PINK戦で一勝もできず全敗。

2年の歳月を経て、ついにSMEのリベンジの日が到来。
まさに、SME vs A-PINKの
仁義なき戦い・・・・

SUPER JUNIORの仇(かたき)は
SHINeeが取ったぞ!!


・・・・と、西部劇か時代劇のように血の気を多くして盛り上げようとしましたが
何とも色あせた感が否めません。と言うのも
A-PINKファンは女性が多く、SUJUを惨敗に追い込んだからと言って
A-PINKには何の風当りもありませんでした。
新しい世代の台頭で、
カムバック自体が話題になっていなかったこともあります。

また、対決シーンすべてにA-PINKが登場しているかと思いきや
ミュージックバンクのA-PINKの順位は
賞レースの第1週「5位」、第2週「8位」など
1位候補にもなれず・・・・
何とも拍子抜けでした。


かろうじて賞レース2週目の木曜日Mカで
SHINee vs A-PINK が実現。

008.jpg
番組のシステム上、音源王者のパク・ヒョジンは
音楽番組のプロモ活動自体をしておらず、また
音盤数、投票数が少ないか、ゼロのため候補とはなりませんでした。
よって、SHINee、A-PINKともに音源数は、「どんぐりの背比べ」
CD販売数が勝負の決め手となり
すでに3週目であるA-PINKがすべてについて弱く
勝負は初めから見えていました。


音源チャートを見てみましょう。

026.jpg
典型的な、巨大ファンダムの組織活動による
リリース日を中心とした、短期集中型です。
しかし、最高でも音源王者には及びません。

最近、一般音源消費者層とアイドルファンとの
距離が大きくなるばかり
で、
アイドルファンではない一般K-POPファンの心を
アイドルが掴むと言うのは、ますます困難な状況です。

ここで音源チャートグラフに見られる
面白い特徴を一つ。
大手事務所アイドルの
音源「1日天下」の法則


009Taeyeon.jpg
これは、少女時代テヨンのソロ「Why」のグラフ。
リリースと同時に上がってきますが一時停滞。
しかし、翌日12時付近で急上昇します。
そして、丁度24時間後の12時まで続き
その後、坂道を転げ落ちるように、急降下していきます。

020Taeyeon.jpg
まさしく「1日天下」ですね。
巨大なファンダムによる集中活動が、正直に現れています。
この時は、ZionTやSimonDなどの音源強者にはばまれて
1位すら取れていません。

022sistar00.jpg
こちらは、同じアイドルでも音源に強い代表格
シスターのグラフです。
一日天下の終了時刻12時を過ぎても
グラフが下がりません。
音源の持続力を発揮している点が特徴的です。

999.jpg
アイドルファンには、馴染みのない
音源強者イム・チャンジョン。
1日天下のピークは存在せず、強い持続力があります。

999exo.jpg
王者EXOでも、「一日天下の法則」は適用されます。
最初のピークと翌日のピークが同じくらいなので
二日天下のようですが、翌日の12時キッカリに
やはり急降下。
この時は、YGのBLACK PINKが驚異的な
音源力を示していたので、ほとんど1位を取っていません。
EXO、意外と音源力がない・・・・
CDのミリオンセラーの連続という派手な結果で
隠れていますが
SMEアーティストの音源力の低下を
感じさせます。

028.jpg
そしてSMEではありませんが
A-PINKにも、「1日天下の法則」は当てはまっています。


A-PINKの「惨敗、全敗」の原因は?

@セクシー路線拒否宣言
以前にも記事にしましたが、思い起こせば発端は
2013年年末にSBS歌謡祭で、ガールズデイをカバーした
サスペンダーダンスでした。
この頃のA-PINKは、エロ趣向に積極的で面白く
本ブログでも時々、A-PINKを扱っていたことがあります。

gif (20140610-1948).gif
ところが、その後「私たちには似合わない」と
セクシー路線に対して完全拒絶宣言をしました。
まあ、似合わないと思っても、腹の中に仕舞っておいて
宣言までしなくてもとは思いますが、熱狂ファンから
色々なことを言われたのでしょう。

当時、K-POP女性アイドルファンの間に定着していたのは
セクシー系 vs 可愛い系
という二元論を中心とした対立構造です。
セクシー系とは売れないアイドルが逆転を狙って
路線を変えたものであり、少女時代やA-PINKに代表される
不動の人気を誇る大型アイドルの熱狂ファンの一部には、
セクシー路線を行く女性アイドルを、まるで地を這う
下劣な女として、上から目線で軽蔑する・・・・
(あくまで血の気の多い海外のファンの話ですが)
セクシー路線を極端に嫌うタイプが、かなりいました。
彼らが少女時代やA-PINKを称して言うのが「高級感」。
これもよく分からない言葉ですよね。結局は、ファンダムの
巨大な数にしがみついている時の安心感でしかないのではないか
などと思ってしまいます。

私自身は、この「セクシー系 vs 可愛い系」という
二元論には馴染めません。
おそろしくイメージ貧困な女性観だと思います。
女性の魅力というのはそんなに単純なものではないでしょう。
あるときは天使のように純真だが、ある時は
小悪魔のように誘惑する。その相矛盾する要素の
同居が、独特のギャップを生み出して魅了する。

どちらの両極にもいないからこそ、多くのカラーを
出すことが出来て、個性が花咲くというものでしょう。

ところが、A-PINKは、セクシー路線を拒絶することで
「巨大なファンダムに都合のよいアイドル」の道を選んだのです。
結果として、不動の人気を獲得することは出来ましたが
籠の中の鳥として、芸風を狭め
型にはまったチームカラーを強いられる運命となりました。
独自のものを追求することが出来ないまま
巨大化、水膨れしてしまったのです。


A新世代の到来
そうこうしているうちに
セクシー系でも可愛い系でもない

000.jpg
「パワー清純」という、今までに聞いたこともない
独特のチームカラーを持ったヨジャチングのようなグループが登場し、
大ヒットの快進撃を続けたり

TWICEのように
セクシーでもあり、可愛くもある

CoraMina00stst.gif
こんな大胆なことを堂々とやってのけ
それでいて、セクシーアイドル宣言は決してしない、
また、する必要もない。

このようなグループが活躍すると
セクシー系 vs 可愛い系という
旧式の二元論では、到底、説明することも
理解することもできなくなってきます。

今回のA-PINKのカムバックで
「少女から大人へ」なんてことを、またやっていたようですが、
「いい歳していつまで同じ事やってるの?」
そんな突っ込みを入れられてもしかたない感じです。


B独自の音楽性を追求することも出来なかったA-PINK

029.jpg
ヨジャチング、ママムーなど、快進撃を続けるアイドルに共通するのは
デビュー曲から、同じ作曲家と組み続けているということです。
そのことで、他のグループにはない独自の音楽性を
確立することが出来ます。メンバーの個性的ボーカルを
想定しながら作曲するため、独自性は理想的な形で極まって来るのです。
ママムーは、キム・ドフン。ヨジャチングはイギ&ヨンベ。
TWICEも今の所3曲続けてブラックアイドピルスン(BEP)と組んでいます。JYP社長自ら作曲家なので、出しゃばっていきたいところですが
頑なにBEPに任せていますね。
こういう所は手堅いなぁと思います。

A-PINKにはこのような手堅さはありませんでした。
独自の音楽性を追求する前に、
巨大なファンダムの言うなりになった形です。
その「付け」「しわ寄せ」は今になって噴出して来ました。
イダンヨプチャギやBEPと組むのもその結果といえます。
彼らは、クリエイターとしての思い入れがない限り
依頼された通りの仕事しかしないタイプの作曲家です。


Cアイドルファンが「可愛い系」を捨てる時
「A-PINKの○○もおばさん臭くなったなぁ」
こんな声がチラホラと聞こえてきます。

可愛い系に対して徹底してアウェイ宣言している私、
(あくまで「アウェイ」という言葉を使っていることに
ご注目していただきたい。「可愛い系は嫌いだ」とは
一回も言ったことはありません。
「アウェイ」と「ホーム」の両方あってこその
リーグ戦成立ですから。)
私が女性の美に求めることはどこまでも
「美形」と「理想のプロポーション」です。
あらゆる分析検証に耐えうるものであり
美の巨匠たちが生涯をかけて追求してきたもの。
それに対してパッと見が「可愛い」とは
思えば随分と曖昧な感覚です。
私がK-POPアイドル界の美形の代表として、
よく挙げるのが

040.jpg
元KARAのギュリ様。(あぁ・・・・なんとお美しい)
このような顔は、アイドルファンには
必ずしも好かれるものではないようです。
「親近感がない」「男性に対して威圧感がある」
「老け顔だ」
などなど・・・・

042.jpg
アイドルらしい顔でないから、筋の通った鼻を
削るなど「非美形」への整形を強要されそうになったことを
告白したギュリ様。
(私に言わせれば、とんでもない美の女神に対する冒とくですよね。
「天罰が下るぞ!!」と怒鳴りたくなります)笑

美女が若い頃に言われる「老け顔」と言う言葉は「おばさん臭い」とは
似て非なるもの、いや、全く逆の意味です。
「老け顔」とは、若い頃や子供の頃にしか言われない言葉だからです。

044.jpg
これはギュリ様が十代前半の頃。
確かに年齢にしては大人びて見えます。
20代に見えてもおかしくないかも。
しかし、彼女が20代後半、そして三十路を過ぎても
相変わらず「20代」に見え続けます。
そして30代、40代になっても変わることはなく
「ギュリ様はいくつになっても若々しく美しい。
何か若さを保つ秘訣でもあるんですか?」
幼少時に「老け顔」と言われても、加齢とともに
完全に逆転し「若々しい」となる。
まさに美形とは、永遠に変わらない顔なのです。

996.jpg
かつて美女は、美少女だったのではない。
子供の時点で既に「美女」だったのだ。
これぞまさしく永遠の美。


それに対して、アイドル顔とは
基本「非美形」であり、童顔、おかめ顔、たぬき顔、
(体形については、小柄、幼児体型、短足、小顔ではない)
親しみやすく庶民的、隣の姉ちゃんのような存在
です。
このような顔は、最も急速に老朽化して
「おばさん臭く」なりやすいのです。
よく初期のA-PINKが言われたことは

048.png
「この、垢抜けない感じがいぃ〜んですよね〜」って・・・・

アイドルには何の関心もない人たちに言わせてみれば
「え??それって・・・・初めからおばさん臭いってこと?」
なんてことになってしまいます。
アイドル顔とは、デビューした時点で
5年後、10年後にどんな「おばさん」になるか
容易に、場合によっては瞬時に見通せてしまうのです。
美形の顔はどんなに見つめても、見通すことが出来ません。
そりゃそうでしょう。永遠に変わらないのですから。

容易に見通せてしまうアイドル顔ですが、
アイドル業界は、彼女たちに子供のような衣装を着せ
似たようなダンスを躍らせ、似たような歌を歌わせるため
アイドル顔の真実に気づくことはありません。
いわば、アイドル顔とは、業者にしてみれば
「最もごまかしやすい顔」なのです。
そして、非常に有効期限の短い「化けの皮」を
被ったアイドルに、ファンは巧みに騙され続け
ある時、突然化けの皮がはがれると
「おばさん臭くなったなぁ」と、古いアイドルは捨てられるのです。

思えばアイドルの世界なんて、薄情なものだなと思ったりします。

049.jpg
「ウンジもおばさん臭くなったなぁ」
そんなことを言っては彼女が可哀想・・・・
いや、そうでもありませんね。
と言うのも、ずば抜けた歌唱力と声量を誇る歌姫としてのウンジは
既に大きく確立されています。
そんな彼女が、おばさん臭かろうが、そうでなかろうが
そんなことはもう、小さなことです。
ソロアーティストとしてのウンジの音源力は
A-PINKと違って持続力もあります。

060eunji00.jpg
こちらは、ウンジのソロでの音源のグラフ。
一日天下に見られる12時を過ぎた時点での急降下がありません。
彼女の音源力は本物といえましょう。
共演でしたが、PAKを達成したこともあります。
K-POP界を代表する歌姫ウンジの将来は洋々と開けていると言えましょう。

ただし・・・・
その歌姫の力をもってしても、A-PINKの凋落を
阻止することは出来なかったということです。

一方で、ウンジの音源力は必ずしもA-PINKの巨大な
ファンダムが後押しした結果はなく、独立して
存在していることが、今回のA-PINKの惨敗で
証明された形でもあります。
何とも皮肉な話ですね。


今後のA-PINK 復活への道は?

やはり、A-PINKが自由に「らしさ」を追求していた
2013年の時点に戻ってみることでしょう。

@ウンジの本格的トロットアルバムを制作しよう

644.jpg
648.jpg
646.jpg
「トロットの恋人」のウンジの歌唱には魅了されました。
声楽家の歌唱でトロットを歌う独特の味。
ウンジがトロットのアルバムを出したら、
本ブログで大特集を組むと、記事に書いたことがあります。
ところで・・・・
もしかして、トロットって、おじさんやおばさんが歌うものと
思っていませんか?それはとんでもない誤った先入観です。
ウンジがトロットを歌ったのを見て、突然
彼女がおばさん臭く見えたとすれば、まことに悲しい話です。
トロット、そして昭和の歌曲が大好きな私、
いずれ、大特集で大いに語りたいと思います。

Aボミのソロで「影ある女」を表現しよう

062.jpg
MIBと共にFTで参加したボミちゃん。

064.jpg
影ある女を演じると、本当に「いい女」になりますね。
これこそ、独自の魅力の方向性ではないでしょうか。
今回のカムバックで、減量したそうですが
いけません!いけません!
私は、不自然にダイエットで痩せた女性には
馴染めないのです。
テコンドーの達人ですから、筋肉で脚が太いのは当然。
ありのままの魅力が一番なのです。

当時、ガチペンには「変なもの」としか受け止められなかった
このような独自の魅力の追求を今こそ、再開するべきでしょう。

しかし・・・・・・
それは無理かもしれません。

少女時代に次ぐ人数を誇るA-PINKのファンダム。
ここまでファンダムが巨大化すると
今までと違った「変なこと」をしただけで顰蹙を買って
CD売り上げが低下する。
それが怖くて身動きが取れないA-PINK


そのうちに契約期限切れが近づいてきます。


ウンジ、ボミは更新するかもしれません。
しかし、残りのメンバーは更新が微妙・・・・

そうしていくうちに、活動は
ほとんどソロか女優活動に限られ
グループとしてのA-PINKは形骸化。
そして消滅・・・・

いやいや、A-PINKはファンダムがこれだけ巨大なので
CD 売り上げの大きさだけは順調に続いていくでしょう。

CDが売れ続けてくれれば、A-PINKのメンバーたちは
喜んで契約を更新し、安泰で続いていく・・・・
・・・・・と思ったら大間違い。

066.jpg
ポミニやKARAにしても、決して売れてなかったわけではありません。
KARAは韓国ではピークを過ぎていたとはいえ
日本のコンサートでKarashiaは盛況でした。
それでも、メンバーは契約を更新しなかったのです。
なぜでしょう。
すべては
メンバーのモチベーションの問題です。

自分が本当にやりたいこと、独自のアーティストとしての活動
について納得いかないまま、ファンに都合のよいアイドルとして
コンサートやファンミでの握手会に明け暮れるとすれば
いい加減、嫌気がさしてくるのも当然です。
おまけに大物アイドルでも、韓国では薄給です。
彼女たちだって親孝行がしたいでしょう。
自分の可能性を、別の形で試したいと思うでしょう。
「ファンの皆さんのおかげです。これからもずっと愛してください。」
と、社命のままに、上辺だけの綺麗ごとを言い続けるアイドルですが
心の奥底にある本音は「それも契約期間内、限定だぞ。

ファンに都合のよいアイドルであり続ける限り
契約更新をためらうのも当然だと思います。

アイドルにはどうしても限定された期間があります。
アイドルにとって重要なことは、その限定された期間内に
自分でしかできない独自の世界を、いかに追求できるか。
そして、その結果として、自分の納得のいく「作品」を残し
K-POPの歴史のページの片隅に軌跡が残せたかどうか。

アイドルたちの究極のモチベーションは、それに尽きると思います。

990.jpg
今回のカムバックステージを観て
「これこそA-PINKがやりたかった究極の姿です!
是非、観てください!」
という気迫や気合が感じられるでしょうか?
それよりも
「ファンの皆さん、こんな感じでいいですか?
これなら一切、文句ないですよね。
今回も、CDの共同購入、大量購入をよろしくお願いしま~す。」

何か、そんな表情にしか見えないのです。
無理してダイエットした姿と同様、
ステージも音楽も、線が細くて弱々しいです。

私が贔屓の女性グループに
少女時代やA-PINKのようには、なってほしくない
と、何度も書いている意味が少しは分かっていただけるかもしれません。

巨大なファンダムを獲得するとともに
ファンに都合のよいアイドルになることが
ゆくゆく大きな代償を払うことになる・・・・
そんなことを考えさせられた、A-PINKの今回のカムバックでした。


以上、A-PINKの惨敗を、独自に分析してみました。


いくら可愛い系にアウェイ宣言をしているとはいえ
そしてA-PINKがその代表格だとはいえ
ここまで凋落が激しいと、少々、可哀想になってきます。

幅広くK-POPを愛する者として、次の言葉で締めくくりたいと思います。


A-PINKよ
復活、再生に向けて頑張れ!!
A-PINK ファイティン!!




068.jpg
A-PINKとくれば、その上を行くファンダムの女王「少女時代」。
ジェシカが追い出されたことで、ファンダムは
過去最高の危機感を抱いたようで、必死の投票で
「Lion Heart」では多くの歌番組受賞をしました。
その陰で目立ちませんでしたが、
ジェシカ不在でCD売り上げが半減した事実があります。
凋落はじわじわと、しかし確実に来ています。

将来、例えば・・・・

TWICE  vs  少女時代

と言う究極の対決が実現し

少女時代 惨敗! 全敗!

それも十分現実的になってきたと言えましょう。
SUPER JUNIORが惨敗する時代ですからね。

まさにK-POPの時代の変化の瞬間。
その時が来たら、しっかりと目撃し
冷静に分析してみようと思います。



ペンコメント欄の書き込みはこちらfax to
posted by KYcat at 23:41| Comment(0) | K-POP マニアックな愉しみ

2016年10月21日

防弾少年団MV シュガが弾くオルガンの曲名は? K-POPとクラシック音楽

000.jpg

002.jpg

現在プロモ真っ最中の防弾少年団


방탄소년단 (BTS) ‘피 땀 눈물 (Blood Sweat & Tears)’ MV
MVを見ていて「おっ!!」と思いました。


クラシック音楽が
巧みに使われてますね。

クラシックファンとしては、嬉しくなります。
記事にしないわけにはいきません。

004.jpg
冒頭の美術館のシーンで流れるのは
JS バッハ作曲「ロ短調ミサ」


Bach - Mass in B minor
いきなり冒頭から来ますよ〜〜
♪キリエ エレイソン(主よ、憐みたまえ)
感動の涙がどっ!!と言う感じで。

009.jpg

006.jpg
そして、後半にさしかかるところでシュガが弾いている
パイプオルガンの曲は?


ディートリッヒ・ブクステフーデ
(D. Buxtehude)作曲
「パッサカリア ニ短調」

Passacaglia in D Minor
D. Buxtehude - BuxWV 161 - Passacaglia d-moll / D minor

ブクステフーデは北ドイツオルガン学派の巨匠。
偉大なるJSバッハの大先輩。
あえてバッハではなく、ブクステフーデで来たところは
バンタンの演出、渋いなぁ〜と思わずニンマリしてしまいますね。


バッハのパッサカリアは、こちら。

Passacaglia and Fugue in C Minor BWV 582
いやぁ〜 これはリピしまくりでした。

映画では「ゴッドファーザー」ラストの銃撃シーンで出てきました。

040.jpg

029.jpg

028.jpg
マイケル・コルレオーネの息子の洗礼式と同時進行で印象的でした。
ニーノ・ロータのクラシックのアレンジが上手かったですね。


そして、もう一つ「あっ!!」と思ったのが

020.jpg
おお〜〜〜〜〜〜!

022.jpg
出ました!

996.jpg
サン・ピエトロのピエタ。


ピエタとくれば


044.png
聖母ソウォン!!

久しぶりに行かせてもらいましょう。

K-POPの裏方さんたち、もしかして、このブログ読んでます??
(お馴染み、ブログ主の自意識過剰ギャグでした。)笑

でも、マジで、最近のK-POPとこのブログ、波長が合いまくりですね。


クラシックに彫刻美術と、奥深い愉しみを味わわせてくれるバンタンですが、ティーザー段階から「謎解き」もありました。
これが女性グループやヨジャチングなら
大特集を組んじゃいますけど(笑)
さすがに時間が取れません。

ただ、今回のバンタンの一連の謎解きの中心が、ヘルマン・ヘッセの小説
「デミアン」をネタにしているので、この小説を「虎の巻」にすれば、
印象的な一節を自由に映像化している様が分かって
より面白く鑑賞できるでしょう。
ジンが見ている鏡の上の壁に彫られた言葉はドイツ語で・・・・


024.jpg
Man muss noch Chaos in sich haben,
um einen tanzenden Stern gebären zu können.


フリードリッヒ・ニーチェ
カオス(混沌)を心に秘めた者こそ、
空に舞う星を生み出すことができる。

「空に舞う星」とは、夢を実現させて、より高く飛んでいる人。
防弾少年団なら、Dancing Starそのもの。
そして小説「デミアン」の「鳥が孵化して外へ出る時、
殻を破るために苦しまなければならない。卵とは世界である。
生まれ出る者は、まず世界を破壊しなければならないのだ。

に通じます。
より分かりやすく言えば「何事にも産みの苦しみ」という物があるんだよ
と言ったところですね。

026.jpg
ラストシーン。ジンの顔にも卵の殻が破れる時のヒビが入ってきました。

個々の一節を自由に映像化していて、面白いと思います。
ただ、これを「哲学に凝り固まった観念でいじくりまわす」のは
好きではありません。
元々、発売日までファンの興味を引き付けて
売り上げを伸ばすのが目的ですから、
明確な答は初めからないのかもしれません。

私は推理小説よりも、サスペンス映画の方が好きです。
(推理小説を読む時間があったら、
数学パズルを解いているほうが面白いですし。)

そういう意味では、ヨジャチングの「シガヌルダリョソ」のMVのように
1つの隠れたストーリーから全体の謎が解け
感動の涙がどっと出てくる・・・・
そんな映画のような楽しみ方が出来ると
分析記事も書いていて楽しいです。


と言うわけで、今回のバンタンのMVは、クラシック音楽と
自由な映像冒険で、大いに楽しませてくれますね。
哲学はほどほどにして、
バンタンのパフォーマンスを楽しむのも一手。
凝り性の人は、いくらでものめり込めるでしょうけど。



さあ、ここで、他のK-POPに出てくるクラシック音楽
少しばかり特集してみましょう。


悲愴感のK-POPの騎手、Vixxの「Fantasy」

빅스(VIXX) - Fantasy Official M/V
ベートーベンの「月光」を自由に発展させています。

次に、少々B級になりますが、ソロ女性歌手の
ウン・ガウン「Never Say Goodbye」


(episode-156) Eun ga eun (은가은) - Naver say goodbye
元々、これは2006年の韓流ドラマ「My Girl」のOST」です。

ラップ部分のバックは、あまりに有名な
モーツァルトの交響曲40番。
Mozart - Symphony No. 40 in G minor, K. 550

モーツァルトはToppDoggの曲にも出てきました。


[MV] 탑독 (ToppDogg) - TOPDOG
こちらも、お馴染みの交響曲25番です。
Mozart - Symphony No. 25 in G minor, K. 183

これらはラップ部分のバックミュージックということで
それほど洗練されたものとは言えません。

しかし、クラシック音楽を奥深く取り入れた
はるかにハイレベルなK-POPがありました。

レディースコード(レコ)です!!
アルバム「MYSTεRY」の収録曲「Chaconne」
009.jpg
試聴リンク
もう、聴き初めた途端に感動の涙がどっと溢れますよ〜〜。

前奏のバイオリンソロはJSバッハの
「無伴奏バイオリンのための
パルティータ第2番ニ短調」
の第5楽章(終曲)
その名も Chaconne。
Partita for Violin No. 2 Chaconne
世界のバイオリニストが「人類史上の最高傑作」と絶賛するこの曲。
シャコンヌとは南米はペルーを発祥地とされている舞踊音楽。
スペイン、イタリア、フランス、そしてドイツと伝わり
パッヘルベル、ブクステフーデ、バッハの曲にも取り入れられました。
独特の、「♪♩♪♩♪♩♪♩」というリズムが特徴で、
前奏のバイオリンから、レコの歌唱に移行していく部分が
非常に美しく、心を打ちます。
17世紀のクラシック音楽の心が、21世紀のK-POPに
繋がっていくなんて感動しますね。
今年のレコの曲は、本当にレベルが高いです。
作曲は今を時めく作曲家集団MONOTREEのチュ・テグヮン(추대관)。
いい仕事してますねぇ。
三部作と言うことで、ますます期待です。

そして中盤には、アルゼンチンタンゴのバンドネオンが
渋く絡み、私好みの音楽のオンパレードとなっています。
ピアソラの曲は、クラシックアレンジで好まれて演奏されています。
先日のヨチン記事で紹介した、
ユンストリングのシム・サンウォン(심상원)先生も演奏してますね。


심상원 아름다운 시절 Oblivion


と言うわけで、聴けば聴くほど奥が深い
「K-POPとクラシック音楽」を特集してみました。\(^o^)/



ペンコメント欄の書き込みはこちらfax to

posted by KYcat at 06:48| Comment(0) | K-POP マニアックな愉しみ