2018年11月06日

歌姫ユジュの欠席を見事に補ったヨチンの歌唱力


000.jpg

11月3日、東釜山での全国特技自慢、星の輝く夜のコンサート
ヨジャチングのステージは、純白のスーツです。

実は・・・・

歌姫ユジュが、月刊ユン・ジョンシンのソロ活動準備で欠席しました。
K-POP界を代表する歌姫の欠席・・・・!!
大変だぁ〜〜
しかし!!
ヨチンのメンバー全員が、ユジュパートを担当し、生歌で歌って
見事、代役を果たしました。
あの「美しき高音」が、メンバーそれぞれの個性で新たに再現され、
聴きごたえのあるステージとなりました。




002.jpg
2:52より←クリックで頭出し
イェリン 「Bam」
イェリンによるユジュのHigh Notes
イェリン
「天高く指さして、気持ちよく超高音で歌う・・・・
これがやりたかったのよね。\(^o^)/」

004.jpg
1:06←クリックで頭出し
シンビ 「Bam」
シンビによるユジュパート ⇒ そのままシンビパートに連続

006.jpg
00;32←クリックで頭出し
オムジ 「Navillera」

008.jpg
6:22←クリックで頭出し
ソウォン 「MGT」
⇒ウナ⇒シンビのユジュパート


009.jpg
00:43より←クリックで頭出し
ウナ Navillera
早獅子(はやじし)豚饅(ぶたまん)←空耳です(笑)

2;29より←クリックで頭出し
ウナ Navillera 最後の盛り上がりHigh Notes

ユジュの力強い歌唱が、ユナ独特の可愛らしい声に変わっています。
こういうのもいいなぁ。

2;50より←クリックで頭出し
ウナ MGT
⇒ジャンプシーンを経て03:09よりもう一度
ウナによるユジュのHigh Note

この場面でハプニング。

020.jpg
いつものMGT通り、ウナの向かって右へ移動するソウォン。

022.jpg
ウナ「あ・・・・」

024.jpg
「姉さん、今日は逆よ!!」

026.jpg
接触しそうになるふたり

028.jpg
ソウォン「うわっ!! まちがえたぁ」

029.jpg
ウナ「もぉ〜〜 姉さんったらぁ」

060.jpg
ウナちゃんの可愛い表情。


068.jpg
通常なら、このようにユジュが向かって左端でHigh Notes。

MGT00.gif
ソウォンはウナの左肩に手を添えます。
ところが、今回は、ウナがユジュを兼ねるため
向かって右端で歌唱するため、ソウォンは
センターのシンビの肩に手を添えることになっていました。

GFwithoutYU02.gif
あわててシンビの方へ移動します。


GFwithoutYJ00.gif
表情の面白さをGifでどうぞ。


大半を占めるユジュの難しいパートを、全員で補い
さらに複雑な振り付けのフォーメーションも微妙に変わっていたので
間違えるのも無理はありません(笑)


062.jpg
素晴らしい歌唱とは分かっていますが、いつもは自然と聴いているユジュパート。いざ、彼女が欠席となると、その貴重さを実感します。
さらに、それを補ったヨチンの歌唱力が素晴らしかった。

オムジもソウォンも、しっかり高音が出てますね。
さすが、歌でも聴かせるヨチン。実力で魅了してくれました。
\(^o^)/


最後におまけ
ヨチンメンバーがユジュのHigh Notesに驚いた
リアクションが面白い、ファンメイドの動画です。
GFRIEND & Other's Reaction to Yuju High Note

GFRIEND Yuju High Note : Studio vs Live (스튜디오 vs 라이브)


このブログのトップページはこちら
ペンコメント欄の書き込みはこちらfax to

posted by KYcat at 00:20| Comment(0) | GFriend(ヨジャチング)

2018年11月04日

Twice vs GFriend ソウォン圧勝 そのわけは

今年もあと2ヶ月を切り、年末モードが近づいてきている。
振り返ると、ブログを書く時間が取れなかったなぁと思う。
書く時間がなくて、没になった記事も多かったなぁ。
そこで、年末総まとめ時期より少し早い今、
没記事復活も兼ねて、今年の特筆すべき話題を
キャッチアップしてみたい。


5月28日の「テンアジア」の記事
『GFRIENDのリーダーソウォンが、モバイルアプリ「IDOLCHAMP」で“憧れの高身長アイドル”第1位に選ばれた。
「IDOLCHAMP」では今月、
내가 닮고 싶은 8등신의 장신 여자아이돌은?
「私がなりたい(近づきたい)8頭身の高身長女性アイドルは?」
というタイトルで投票が行われた。先月集計された全投票数は約6000票で、各グループの長身女性メンバーが候補に上がった。その中でも、最近「夜」でカムバックしたGFRIENDのソウォンが57.14%で1位を記録した。』

集計結果が次の通りである。


999.jpg

1位 ヨジャチング ソウォン  57.14% 
  
2位 Weki Meki キム・ドヨン 15.74%
3位 TWICE ツウィ 9.44%
4位 Apink オ・ハヨン
5位 EXID ソルジ
6位 PRISTIN イム・ナヨン
7位 Girl's Day ユラ
8位 CLC クォン・ウンビン
9位 HELLOVENUS ナラ


順位はもちろんのこと、獲得した投票のパーセンテージに
注目していただきたい。

57.14%って・・・・・・????


5 7. 1 4 % !!!!

2位が15%
3位以下が一けた台という極端な少なさ。

ソウォンの驚くべき圧勝は一体何なのか。

何を意味するのか。



それは・・・・


脚線美という究極の女性美について
絶対に超えられないある一線が存在しており
そこには、アイドルの人気投票という組織票の要素が
入り込む余地がない
と言うことである。


元々、この手の投票、ランキングはよく行われているが
今回取り上げた「ICHAM」を除き、ブログ主は信用していない。
さほど価値もないと思っているし、興味もない。
ブランド価値についても同様である。
ほとんどは、表題とされる価値よりも、そのアイドルグループのファンの組織票による「キャンペーン力」がものを言わせて、上位を独占し、その組織力を自慢げにひけらかすだけである。
資金力のある大手事務所が、資金力と組織力で圧倒するだけである。
「資金力と組織力があるんだぞ」と言っているのと意味は変わらない。
それに対するブログ主の反応は「ああ・・・・そうですか。それで?」で終りである。(笑)

しかし、今回のような、究極の女性美、女性が最も胸の奥で気にしていることをあつかうとなると話は全く変わって来る。

分かりやすく表現すれば・・・・
アイドルファンの軽い乗りで

002.jpg
ツウィちゃん可愛い〜〜

004.jpg
素適ぃ〜〜

000.jpg
ツウィちゃんみたいになりたぁい

008.jpg
ツウィちゃんのこの服、ほしいぃ


009.jpg
なんてったってTWICEは、K−POPナンバーワンだもんね。
他のグループなんて「ざこ!!」だもんね。
だから、ツウィちゃん、最高ぉ〜〜


ツウィちゃん、世界一ぃ〜〜



そんな女性ファンに、究極の質問をしてみよう。
ならば・・・・

024.jpg


026.jpg


こんな「丸太みたいな太い脚」になりたいか??

女性ファンのほとんどは、迷わず答えるであろう。


絶対に、嫌です!!!!!



008.jpg

こんな、アンパンマンみたいな「団子っ鼻」になりたいか?!





絶対に、嫌です!!!!!



(女性は男性よりも、はるかに冷静に「女性アイドルの欠点」を把握している。男性がぽ〜っと惚れモードになり、「あばたもえくぼ」になってしまうことはない。男性がそうであるように、女性に理想を求めるということはなく、例え熱狂ファンであっても、手を繋いで気楽に話せる友達を思うように、女性アイドルに接するのだろう。だからこそ、女性たちの冷静な判断による57・14という数字には重みがあるのだ。)



アイドルファンの人気投票の軽い乗り
究極の女性美が関わるときの答とは
全く違うものであり
そこには、
「絶対に超えることの出来ない一線」
が存在すると言うことだ。


それこそが、ブログ主が永遠のテーマとしている
古典絵画の巨匠たちが、延々と追求して来た
究極の女性美なのである。

栄華を極めた少女時代も、今や下火。
全盛期は、音楽以外でも、あらゆるランキングで上位を独占していた。
しかし、今振り返って見ると、それが具体的に何の1位だったか、
それがどんな深い意味を持っていたか、覚えている者はほとんどいない。
ただの、刹那的な喧噪だったという虚しさが残るだけである。
それに対し、美の巨匠たちが黙々と追求した価値観は
100年、200年・・・・人類が続く以上、永遠に残り続ける。
そして、変わることのない共通の美的基準も神々しく存在する。


ヨジャチングのプロダクションは中小企業である。
数字を派手にかき立てる「提灯記者」にばら撒く金はない。
この数字も特別大きく取り上げられることはなかった。
しかし、その驚異的数字は確実に存在しているのである。

その場しのぎのアイドルの世界。
大手プロダクションがどんなに金をかけようと
どんなに組織力にものを言わせようと
脚線美に関する限り


57.14%   >>>>>>>>>>   9.44%


GFriend ソウォン >>>>>>>> Twice ツウィ




絶対に覆すことのできない美的価値が存在する。

それは一体何なのか。
どのアイドルが売れている?
どのアイドルが稼いでいる?

そんなことは、もうどうでもいいことだ。

ブログ主の興味あることとは
K−POP女性アイドルにも当然存在する

古典的巨匠たちが追及したのと同じテーマである女性美を、
どのように査定、分析することができるか。

ライフワークとして追及していこうと思う。



022.jpg



今のK−POPには一昔のような活気が失われつつあるのを感じる。
そして、ブログ主のK−POPへの情熱も薄れつつあるのは事実である。
そんな中、はや8年もやってきたこのブログを振り返って、
自分とK−POPの出会いは何だったのだろうと問いただす。

それがただの喧噪にすぎなかったとすれば、そんな虚しいことはない。

K−POPとの出会いを、自分の人生の糧としたい。
K−POPブログに熱中して、自分が残せたオリジナルなもの、
あるいはこれから残せるものが何であるか、
それを追求していきたいと思っている。




追記


ツウィではなくて、何でジョンヨンにしなかったのだろう。
ジョンヨンの身長は170に満たないという、ただそれだけなのか。
ジョンヨンならば、ツウィより、もう少し数字が上だったろうに。

と言っても、せいぜい10%代どまりだろうが(笑)




このブログのトップページはこちら
posted by KYcat at 16:10| Comment(0) | GFriend(ヨジャチング)

2018年11月02日

気ままにK-POP お気に入りの曲 9月-10月のリスト


またまた、間が空いてしまいました(^^ゞ

今年は年末記事をしっかり書きたいと、
キャッチアップしているブログ主。
K−POPへの想いを、歯に衣着せぬ「超 本音」
ぶちかましますよぉ〜〜


まずは、ランク圏外の曲への
超・辛口コメントから。


少女時代-Oh!GG
「Lil’Touch」

002.jpg
MV


前作「Holiday」が10周年記念にもかかわらず、たった1週間で打ち切りと言う大敗を喫した少女時代。ほとんど敵前逃亡だった前回でしたが、今回はというと・・・・プロモは行わず歌番組出演なし・・・・
驕れるものも久しからず
ですねぇ。歌番組受賞。グランドスラム。そして連覇・・・・まさに、K-POPの究極の楽しみ、K-POPの華とも言えるプロモを放棄とは。かつてそれを作り上げたのは少女時代だったのに。今では、ろくに歌番組に出演もしないで受賞などという歌手もいます。つまらぬ展開が蔓延して、K-POP自体の衰退を感じずにはいられません。
番組採点方式が音源数重視になってから、ファンクラブの人数の多さにものを言わせてCD売り上げを増やすという「古い」やり方は通用しなくなってきました。資金力と組織力を駆使するにしても、デジタル時代の新方式でやらなければなりません。SMEはビッグ3の中では乗り遅れ気味と言えましょう。

ところで・・・・
今回はユニット・・・・なんですか。
「8人で完全体」なんて、
ジェシカの心の深い傷を痛めつけるようなことを平気で言っていたのに
今回は「5人で完全体」とならないんですね。
更に、1人、2人減り、テヨンだけが残って、
「少女時代のテヨンで〜す!たった1人でも完全体で〜す!」
と言うギャグが受けたら面白いと思ったのに・・・・
ティパニ、スヨン、ソヒョンともに
「契約更新しないでよかった。」と思っていることでしょう。




Oh My Girl
「불꽃놀이 (Remember Me)」

004.jpg
MV

やっぱりイマイチだったおまごる
関係者はよほどショーン・アレクサンダーが嫌いらしい。
おまごるファンと言うより「Closer」ファンである世界のリスナーは今回もガッカリ。歌番組受賞も「The Show」止まりでラブリズ化の様相。
何やら来日ラッシュのようですが、一時期と違い、韓国で大きく売れたグループのみ日本デビューという、いわば「ステータスとしての日本デビュー」はもはや過去のもので、ステラのようなさっぱり売れない歌手でも日本での活動は可能というのが昨今です。リリイベで盛り上がって、刹那的売り上げでもOKと、日本市場も緩くなったようです。
まあ、それは日本市場の衰退でもあるんでしょうけどね。


이달의 소녀
「Hi High」

200.jpg
MV

ばら売り慣れしちゃって
完全体」はイマイチだった
その一言。(笑)
集団になった途端、細分化されて、
個人メンバーの顔が小さすぎて分からなくなっちゃった。
ジャケ写がそれを端的に表しています。



ソヒ
「Hurry Up」

202.jpg

「前説」のエロで張り切り過ぎて、
本番で息切れしたソヒ。
本体のエリスは、とてもじゃないがブログ主好みではありません。
ジャケ写は可愛いんですけどね。
アメリカ人ブロガー、Mさんの言葉の引用で簡潔にまとめてみた。
「ソヒのつまらない新曲のMVを見るたびに
Spotlightを思い出す。この頃の方がずっとよかった。」
by Mさん






UNI.T
「난말야」

204.jpg
期待の「アイドル中古」グループも、早々と店じまい。
売れませんでしたからねぇ
でも、売れなくても粘って継続してほしかったです。
「中古のB級味」は、K-POPの味でもあるからです。
ブレイブサウンドで有終の美ですが、どちらかと言うと「軽め」のブレイブサウンドでランクインからは惜しくも外れました。
ステージミックスの鬼才、HIZUKさんは動画を作ってくれました。これが最後の救いか(笑)
Stage Mix by HIZUK

ところでラブムのZNは、最後の曲をすっぽかしましたね。(爆)
涙を飲んで、ユニットメンバーになれなかった中古アイドルもいたと言うのに。できちゃった婚で、「アイドルなんてやる気しないわ」と、さっさとファンを捨てた、あの女といい
ラブームって身勝手な女が多い?
という印象を与えてしまっている気がするんですけど。
(本質がそうだとは言いませんが)

ZNはユニティにあって、グラマラスとも言えず、脚線美人とも言えず、中途半端な印象だったのですが、最後に抜けたおかげで、ユニティ自体にはバランスが取れた感があるのは、まことに皮肉な話です。






それでは、ベスト10を参りましょう。





10
Camila Cabello
「Havana」


008.jpg
MV

https://www.youtube.com/watch?v=pz95u3UVpaM

ははは・・・・ランクインする曲があまりに少ないので、韓国で人気のある洋楽の登場です。チャートをチラ見するたびに、気になる「エロいジャケ写」。ジャケ写がエロいなぁと思ううちに曲にも親しみがわいてしまいました。Maroon5を思い出します。






DIA
「Woo Woo」


009.jpg
MV
Stage Mix

一時期は、「DIA、みっともねぇなぁ」と言いたくなるほどの
ヨジャチングの猿真似やガールズデイのパクリ、挙句の果てはステージでマジック・・・・もうやるネタがなくなってしまったDIA。あとは「尻ふり」くらいしかやることねぇじゃん、と思いきりウーウーと尻を振ったら売れましたぁ(笑)
DIAみたいなグループには「素直なお色気」が一番でしょう。T-araなき後、そのT-araの恩人、シンサドンタイガーの曲のおかげというのも宿命のようなものを感じます。
あと「UNI.T」効果はあったと思いますよ。イェビンの「美形エロ」ぶりは新鮮でした。そして、もう一人の横顔美人ヒヒョンも金髪ロングで目立ちましたね。









Sori
「Touch」


028.jpg
MV
Stage Mix

素直な色気といえば、ソリのMVもそうでした。
日本デビューも間近に迫っています。
よかったら、もう少し過激な日本版オリジナルMVも撮ってほしいなぁ

作曲は가면라이더。直訳で「仮面ライダー」って・・・・(笑)
SF9 の「 Unlimited」、ココソリの「Exquisite! (절묘해)」
ミックスナイン出身のMY9M「Hush! (쉿!)」そして・・・・
(笑)ラブームの「Hwi Hwi」(笑)
オットカレ以外は、まあ軽薄で能天気な歌ばかり歌っているラブームですが、そんな曲ばかり書いているわけではありません。
ソリの「Touch」は短調で珍しく私好みです。









Dreamcatcher
「What」


024.jpg
MV
Stage Mix by HOGUMA

同じ路線を継続中。アッパレです。これからは「ネタ切れ」に悩むことでしょうが、めげずに頑張ってほしいです。
ステージでは、冒頭の「溜め」が効いている「究極の集団回転」が見せ場。その代り中盤息切れ気味ですが、相変わらず見事な振り付けです。MVはアンティークから少し趣向を変えて「都会の孤独」をテーマにしてみました。
作曲はキム・ヒウォン、Tasco、ウィダーベスト。
元少女時代のジェシカ「Tonight」、BTSのユニット(V&ジン)の「It’s Definitely You (죽어도 너야)」などがあります。







ソユ
「까만밤」

カマンバム
(All Night)

026.jpg
MV
Stage Mix by NAREME

ブレイブサウンドでお色気路線まっしぐらだった頃の雰囲気が戻った感じでいいですねぇ。バンドネオンの音色がアルゼンチンタンゴを思わせて私好み。
作曲は、グルービールームとオレオ。オレオはヨチンの曲でもお馴染みです。Jay Park (박재범)の「The Truth Is (사실은)」、Heize 「Don’t know you (널 너무 모르고)」、ヒョリンとキソムの「FRUITY」、
IU 「Through the Night (밤편지)」、レッドベルベットのウェンディとスルギの「Only You (너만 보여)」など、多岐多様に渡って活躍中。








Camila
「Red Lips」


020.jpg
022.jpg
MV
Stage Mix by All Stage Mix

月刊脚線美人でも取り上げました。ユナは期待のB級の星です。
実は、この曲のプロデューサーはメンバのチョイムです。資金調達もやっているようです。その資金は・・・・当人が金持ちのお嬢か、ブランド品の専属モデルをやっている稼ぎからか、それとも愛人にしてもらっている主からのものか??
とにかく暫く金があるようなので、暫く継続してくれそうですね。大企業の金と組織力で音源数が稼げる昨今のK−POP。もう、ガオンチャートで誰が売れたかを確認するのもバカバカしくてやってられません。
大切なのは、「自分にとって、何が好みなのか」それだけです。
あとは継続してくれればそれでよい。それが人気からではなく、「メンバー個人の資金があるから」でも、究極は構わないと思います。アイドルグループがバカ売れした途端に、それまで、興味も示さなかった奴らが、のこのことファン面してついていくような現象に付き合うのは、これまたバカバカしくてやってられません(爆)

作曲はEastwest, Bull$EyE
UNI.T の「You&I」、CROSS GENE「Believe me」、
Varsity「Flower」、ASTRO「Always You (너잖아)」、
APRIL「Story (이야기)」など。
そしてMVが、SUJUのシンドン。
シンドンはスジュの振り付けも担当していて、実は「才人」ですね。
これからの活躍に期待です。




宇宙少女
「부탁해 (Save Me, Save You)」

ブッタケ
(お願いね)

029.jpg
MV
Stage Mix

中国3人娘が一時休業中で、大所帯はどうなることやらと思いましたが、これが一種の怪我の功名。
「ソンソ以外にも、いい女がいるぞ 
宇宙少女。」

そんな乗りで楽しめた新曲でした。ビジュアル抜きでも聞かせる音色です。そして記事にもしましたが淑女性を失わずに、少しだけエロい演出「淑女エロ」もよろしい。とりあえず好みは? 
ボナ、ルダ、ソラ・・・・あたりかな。
いやいや、それ以外のメンバーも中々個性があってよろしい。

作曲はFull8loomの「栄光の顔たち」、ジンリが担当。
基本は宇宙少女の「ノノノ」や「クムクヌンマウム」など専属ですが、それ以外にエリスのマニッシュが魅力だった「Focus」やStray Kidsの「Rock」など、味のある曲を書いています。







A-PINK
「1도 없어」

イルドオプソ
(一度もない)

204.jpg
MV
Stage Mix


年増になって味が出て来たねぇ A-PINK。
初期の可愛い系が好きな向きは「おばさんになったなぁ」と離れていったことでしょうが、ブログ主は「逆」です!!
「脚が短くて、顔がでかくて」の頃はとても好きにはなれませんでしたが、年増になったら味が出てきた。ウンジは貫禄の歌姫。ボミちゃんは正々堂々の巨乳。ハヨンもまあまあ脚線美人。そして、ナウンやナムジュなどが特に年増になって、味がよくでている。(笑)
思いもよらない展開ですねぇ。振り付けも、今までと違った趣向をこらしていました。作曲はこれまでも組んできたブラックアイドピルスン。
イダンヨプチャギと違って、歌手と共に進化できるタイプの作曲家のようです。
地方公演も花盛りで、ファンカムも楽しみですが、やはりイダヨプの曲などを歌いだすと昔の拒絶反応は出ますね。(笑)
私にとって、A-PINKは「イルドオプソ」がデビュー曲であり、
初の「心の」ヒット曲です。
リリースは夏でしたが、今年後半の「心のロングラン」でした。







ソンミ
「Siren」


060.jpg
MV
Stage Mix by HIZUK

やっとソンミ自身の作曲による
タイトル曲が出たぁ。

結構待たされましたねぇ。ワンガのバンドで、メンバーの自作曲でアルバム「Rebout」を出した時、レビューを書きました。そこで、予言させていただいたのが「ブレイブサウンドで鍛えられたソンミの才能」です。
見事開花しました。安心して聴いていられる作風を身に着けたようです。
ワンダーガールズ アルバムレビュー記事

ステージもいいですね。ワンガ時代から組んでいる「尻美人」「脚線美人」のお馴染みのバックダンサーのお姉さんが盛り上げてくれました。
数々のアイドルにカバーされているソンミ先生ですが、この「サイレン」も、ヨチンのソウォンがカバーしてくれたら嬉しいけどなぁ。
カッコいいだろうなぁ(^o^)





GFriend
「Memoria」


062.jpg
MV

日本版はランクには入れないのですが、今回は例外です。記事にも書いた通り、これは
「ヨジャチングの名曲の見事な総集編」だからです。
「Bam」⇒「Love Rain」⇒「日本版オリジナルMemoria」と、
2018年は好ましい流れで楽しませてくれました。

「Sunny Summer」は我がリストからは外れましたが、あれはあれでいいでしょう。日本での活動の置き土産のような存在です。
2018年の思い出の夏を楽しませていただきましたからね。

そして来年の「フルコンサート」が楽しみです。


以上、「気ままにK-POP お気に入りの曲 リスト」でした。
\(^o^)/





このブログのトップページはこちら
ペンコメント欄の書き込みはこちらfax to
posted by KYcat at 16:59| Comment(0) | K-POP お気に入りの曲リスト