2020年03月23日

NHK 米国のニュースを無検証のまま報道

まずは、トランプ大統領の最新情報。


(44分40秒より始まる)
22日、日曜日の会見。カリフォルニア、ニューヨーク、ワシントン各州に「National Guard(州兵)」を発動。あくまで州知事の指揮下にあり、新型コロナの戦いの補助的役割である。「戒厳令ではない。(米国連邦緊急事態管理局P・ゲイナー)」
病院船MercyをLAに、ComfortをNYに派遣。


見ているだけで頼もしい。早く日本も作るべきだ。

さあ、ここからが本題である。

トランプ大統領が日夜、新型コロナとの闘いに奔走しているわけだが、相変わらず「病的トランプ嫌悪症」の米国マスコミは、嫌悪の悪臭をまき散らし、米国民の不安を煽っている。今、国民全体が一丸となって、戦うべき時だというのに。
国民の不安を煽ってでも、トランプを引きずりおろしたいのが奴らの願望だ。この非常時に、国民の不安を煽るとは、国民の命を危険に晒すに等しい。つまりは
国民の命を危険に晒してでも、
トランプを引きずりおろしたい

のである。ここまでくると、これは 狂気 である。
そして日本のマスコミは、米国主要メディアの狂気に気づかず、無検証で「オウム返し」のように猿真似報道するだけだ。
日本のメディアも、同様に狂ってしまうのか。

ここで、その例を徹底検証してみよう。

先週のNHKの夜の報道番組を見ていたら
天下の国営放送が何をやった? 続きを読む
posted by KYcat at 18:53| Comment(0) | 新型コロナの世界パニック