2016年03月22日

気ままにK-POP お気に入りの曲 3月のリスト


2月に続いて順調に記事アップです。
ヴィジュアル抜きに、音楽だけに耳を傾けて楽しむ
「気ままにK-POP お気に入りの曲」
3月のリストです。

まずは、2月のリストより、
ぴかぴか(新しい)殿堂入りぴかぴか(新しい)の曲から。

(発売中の曲なので試聴リンクを張っておきます。
次のリンクを開くときは、前のウィンドウは閉じてください。
再生されない場合は、ブラウザの「更新ボタン」を押してください。)



ヨジャチング
「시간을 달려서」

シガヌルダリョソ
(時を走る)

026.jpg
試聴リンク

ブログ「新天地」開設記念日の記事を書くのを忘れてしまうほど
ヨジャチングは、夢中にさせてくれました。
哀愁曲大好きな私にとっては、今までの中で間違いなく最高傑作。
もちろん、これからも末広がりに最高傑作を連発してほしいです。
ヨジャチング躍進の2月は、我がK-POPライフのうちで
最も幸せな時でした。


Brave Girls
「변했어」

ビョネッソ
(変わった)

024.jpg
試聴リンク
(前のウィンドウは閉じる。更新ボタンを押す。)

リピしていくうちに、かなり気に入りましたね。
この調子で、年3曲以上のペースで発表してほしいです。



それでは、3月のリストです。






10
ANDA
「TAXI」


000.jpg
試聴リンク
(前のウィンドウは閉じる。更新ボタンを押す。)

♪タク タックシー♪というフレーズが病みつきになりますね。(笑)
昔は「アンダミロ」という名前で出ていました。
作曲は JY, Da Beatfreakz。
他のK-POPとはひと味違うカラーを継続し続けています。

026.jpg
実はアンダさん、身長170pの長身、脚長美人!!
ブログ主が放っておくわけないですよね(笑)
随分前から密かに注目していたんですが、
最初の頃は、どうも服のセンスがよくありませんでした。
演出する側も、彼女の脚線美にときめいていないなという感じ。
それが、最近になって彼女自身が意識し始めたのでしょう。
この写真のように徐々にセンスがよくなってきています。
今後に期待ですね。特集記事も書いてみたいです。
(顔は少しだけAOAのユナが入ってますね。)







テミン
「Press Your Number」


002.jpg
試聴リンク
(前のウィンドウは閉じる。更新ボタンを押す。)

ヨジャチングのミューバン5連覇を止めたのは、テミンでしたぁ(笑)
20.gif
受賞シーンでの、和やかなこのシーンに感動しました。
歌姫ユジュが一生懸命、コピーしようとしているのを見て
「自分もやってみたいな」なんて思ったりしました。

TAEMIN 태민_Press Your Number_Performance Video Ver.2

このダンスバージョンもいいですねぇ。
背景のロケセットのセンスもGOOD!!
SMEさん、ナムジャに関しては、本当にいい仕事してます。
あくまで「ナムジャ」限定ですが(笑)
(個人的意見です。)







4minute
「No Love」


004.jpg
試聴リンク
(前のウィンドウは閉じる。更新ボタンを押す。)

「Crazy」「Hate」と連続して同じカラーで来ました。
今回は中々発展形と言う感じで好印象。
しかし、売れ行きが前回と比べてかなり下がってしまったのが残念。
やはり、K-POPファンは食いつくのも早いけど、
飽きるのも早いのでしょうか。
お気に入りは、哀愁系の「No Love」です。
前回も「冷たい雨」が心に沁みる傑作曲でした。
必ずこういう曲をアルバムに入れてくれるのは嬉しいです。







RAINBOW
「Click!」


006.jpg
試聴リンク
(前のウィンドウは閉じる。更新ボタンを押す。)

前作「BLACK SWAN」の時もそうでしたが、
最近のレインボーのアルバムには、私好みの曲が多いです。
この曲も、乗りのいいリズムながら適度な哀愁感を保っています。
タイトル曲の「Whoo」も、
ステージではAOAの「凹凸立体振り付け」も飛び出し、
ジスクの「ハート取り出しパターン」も面白く、楽しませてくれます。
しかし・・・・
どうしても売れ行きの方が芳しくないんですねぇ
レインボーブラックの「どエロ」で勢いづいたときに
間髪入れずに新アルバムを出すべきだったでしょう。
あの後、1年近くも間をあけたのが今でも響いている気がします。
まあ、DSPさんはあの頃、KARAの再生で忙しかったですけどね。









Ladies' Code
「Galaxy」


008.jpg
試聴リンク
(前のウィンドウは閉じる。更新ボタンを押す。)

よくぞ蘇ってくれました!!!!
入魂の追悼記事で書いた復活への願いが通じたのでしょうか。
本当に感激しました。
しかも!!
曲が、デビュー曲「ナップンヨジャ」の頃の哀愁系ジャズへ原点回帰。
めっちゃ私好みじゃないですかぁ\(^o^)/
あの時は、「無理して復帰しなくても」なんていう
弱気な声も一部にはありましたが、
どっこい!彼女たちは筋金入りのプロなのです。
命を懸けてでも、歌の世界で創作活動に打ち込みたい。
そして、その情熱は立派に作品として花咲いたのです。
さらにメンバーたちの言葉に感動しました。
「可愛そうな女性グループというレッテルから脱したい。」
その通り!! 
同情されて注目されているうちは、
女子高生の学芸会と変わりありません。
プロのアーティストなら、どこまでも作品と実力で勝負ですからね。

曲は、今を時めく作曲家グループ「MONOTREE」
G−HIGHやGDLOが担当。
G-Highは、STELLARと組んでいた
「元SWEET TUNE Bチーム」ですよ!!
やっぱりこの人たちは、重厚な悲壮感の曲が似合ってますね。\(^o^)/







Ladies' Code
「Chaconne」


009.jpg
試聴リンク
(前のウィンドウは閉じる。更新ボタンを押す。)

来たぁ〜〜〜〜!!
イントロは、大好きなJSバッハの
「無伴奏バイオリンのためのパルティータ第2番ニ短調」
第5楽章(終曲)、その名も Chaconne。
そしてそれに続くメロディーも、流れよく悲壮感を保ち続けます。
クラシックを取り入れた音楽の原点回帰
何と!レコがやってくれたとは!
何と言う感激、何という素晴らしさ。
またまた、涙の洪水じゃあありませんか(涙)
さらに中盤は、これまた大好きなアルゼンチンタンゴの
バンドネオンの物悲しい音色が。

ああ・・・・ どこまで私好みの集大成。
アルバムは当然、買ってリピしまくりです(笑)
ステラがやってくれた極まった悲壮感は、レコに受け継がれたとは。
「悲劇のグループ」とだぶらせたくはないんですが
やはり涙の洪水になっちゃいます。
いや、アーティストの彼女たちは「悲劇の過去」をも糧にして
成長していく
のでしょう。
しかも、今年は「3部作」を構想しているということ。
ああ、レディースコードよ!
君たちは強い! その強さに感動した。
またまた涙が止まらなくなっちまったぜ・・・・
BWV 1002 - Partita No.1 for Solo Violin (Scrolling)







クナクン(크나큰)KNK
「Knock」


020.jpg
試聴リンク
(前のウィンドウは閉じる。更新ボタンを押す。)

新人ナムジャグループより、お気に入りの哀愁系です。
ベスティー(Bestie)やノウルが所属するYNBですね。
作曲は
イ・スヨン이수영「Whistling휠릴리」BoAの「アトランティス少女」を書いた황성제率いる作曲家集団「ButterFly」が担当。
中々、よい曲を書いておりますね。
「映画音楽を思わせるストリングスとロックギターが調和した
ハイブリッド音楽」という表現がピッタリの、進化したK-POPです。
これって・・・・
ヨジャチングの「シガヌルダリョソ」にも共通してますね。

試聴リンクだけでは、「病みつきのサビ」が聴けないので、
こちらはMVです。

KNK - Knock MV
本物は誰だ?式のTV番組「Hidden Singer」でのイ・スヨンの場面。
Hidden Singer - Lee SooYoug







Fiestar
「Mirror」


022.jpg
試聴リンク
(前のウィンドウは閉じる。更新ボタンを押す。)

「アムゴトモラヨ」のエロ童話以来、曲ごとに進化して
今や、哀愁系のセクシーカラーを確立しているピエスタは
かなりの私好みです。
中国娘チャオルーは、
WGMの結婚生活と「チンチャサナイ」の軍隊生活で大活躍。
ラッパー、イェジも貫禄が増し、
キュートなジェイさんハート(トランプ)は、セクシーモデルでも活躍。
いい感じで少しづつ発展してますね。
ただ・・・・
彼女たちがFiestarのメンバーだと言うことを知らなかったという人が
結構いたりして、オーマイガー( ゚Д゚)
頑張れ!ピエスタ! 栄光はもう少しでやってくるぞ!!







Mad Clown & キム・ナヨン
「다시 너를」

タシノルル
(再び君を)
(KBSドラマ「太陽の末裔」OST Part5)

024.jpg
試聴リンク
(前のウィンドウは閉じる。更新ボタンを押す。)

来たぁ〜〜〜〜!!
新天地が入魂のイチオシの超お気に入り
「無名実力派歌手」キム・ナヨン!!
年末年始でメロンチャート1位を獲得し、大発展してくれましたが
早速、嬉しい新曲リリースです。
マッドクラウンのラップ曲ですが、
もちろんメロディー部分が主役でしょう。
ナヨンの美しい歌声に、またまた号泣の私。
ドラマOSTですが、他とは一線を画す独特のカラーがあります。

曲発表と同時に、音源チャートの1位を席巻!!
SME大帝国のレッドベルベットの新曲の1位を阻止しましたぁ(笑)
こういうダークホースの逆転ホームランって、
ワクワクしちゃうんですよね。
まあ、音楽番組ではレッベルですが、実力一本やりの音源チャートでは
そう簡単にはいきません。








ヨジャチング
「시간을 달려서」
Intro, Instrumental

シガヌルダリョソ
(時を走る)

026.jpg
試聴リンク
試聴リンク
(前のウィンドウは閉じる。更新ボタンを押す。)

え? 殿堂入りじゃなかったのって?
はははは・・・・
これは「イントロ」と「Instrumental」で〜す。
まさに映画音楽のようなドラマチックな感動を呼ぶ曲。
MVでは後半に出てきました。
そして、タイトル曲の伴奏のみを聞いたら、
またまた、感動が深まりました。
クラシックなストリングスとロックギターの融合とはまさにこのこと。
ヨジャチングは、
K-POPの新しい流れの魁(さきがけ)でもありますね。

聴けば聴くほど、味のでるヨジャチングのアルバムです。



以上、3月も内容豊富な「お気に入りのリスト」でした。\(^o^)/





ペンコメント欄の書き込みはこちらfax to



posted by KYcat at 23:58| Comment(0) | K-POP お気に入りの曲リスト
この記事へのコメント