2020年03月21日

トランプ大統領 支持率急上昇\(^o^)/



トランプ大統領は、頻繁に会見を開き、医療、経済についての対策、援助について全力を尽くして、この「新型コロナ戦争」を戦ってくれている。

そんな中ABCの世論調査で
00.jpg
支持率が55%に急上昇!!
正確に言うと、一般の大統領支持率ではなく
「新型コロナに対するトランプ大統領の活動を支持するか」という質問への答えである。

ABCと言えば、常にトランプ氏を誹謗中傷しているマスコミであるからこそ、この数字は注目に値する。

トランプ大統領の連日の全力投球に対して、病的トランプ嫌いのマスコミの「恒例の言い草」は、「トランプは選挙の票を気にして、アピールする思惑がある。」
↑ ↑ ↑ ↑
馬鹿者!!!! この非常時に選挙のことなど、気にしている場合か!!
マスコミの馬鹿さ加減にもあきれる。
トランプ大統領は、心の底からアメリカのことを心配しているのだ。アメリカ国民の一人一人のことを気にかけているのだ。だからこそ、出来る「全力投球」である。マスコミの言い草「再選への思惑」がこれほど、無価値に響く瞬間も他にはあるまい。

そんな中、さっそくトランプ嫌いのマスコミが喜びそうなネタが来た。

米議員が暴落前に株を売却。

この公正なるFOXニュースの報道と違って、他のマスコミは
当然のように共和党議員ばかりを並べている。アメリカの猿真似、アメリカに右へならえの日本のマスコミも同様だろうから、ブログ主として強調しておく。

民主党議員もいるからな!!!!
Dianne Feinstein (D)

確かに売却は批判に値するかもしれない。しかし、トランプ大統領への批判は絶対に当たらない。
新型コロナがまだ対岸の火事扱いされていて、民主党がトランプ弾劾のから騒ぎに打ち興じている頃の1月31日、トランプ大統領は、中国からの入国制限を世界にさきがけて行った。そして、その後、過剰なパニックを避けるため、そして官立のCDCの腐敗がまだ明らかになっておらず、正確なデータが出ていなかったことにより、「過剰に心配しないように」と呼びかけていた時期もあった。つまり

不安 と 安心

の二つの要素を、正々堂々とテーブルの上に載せていたのである。
株をどうするかは、もう個人の判断である。トランプ大統領は、株のための情報操作など一切していない。
1月31日の行動がすべてに効いている。

また、巨額予算を通過させたときにあった記事が「トランプの愚策で株が大暴落!!」←馬鹿丸出しで嬉しそうに書いているやつがいたが、この記事は「完全な誤り」である。株が大暴落したのは2月24日。トランプ大統領の予算通過は3月6日。時系列を完全に読み間違えている。

実際、商人でもあるトランプ大統領は、株については心を悩ませていただろう。大胆な予算政策をすれば、それがきっかけで大暴落もありうる。しかし、(当時好調な)株の暴落は時間の問題。それを熟知しているからこそ、苦渋の選択を迫られていただろう。それでも、トランプ大統領は、この非常時を含め、就任から3年経っても
失策はゼロ
である。

トランプ大統領は、常に右脳で判断する。
左脳に支配された者は、どんなに苦労しても、1手か2手先しか読めない。
しかし、トランプ大統領は

02.jpg
100手先を読んでいる!!

これこそ「失策ゼロ」の所以である。


posted by KYcat at 12:46| Comment(0) | 新型コロナの世界パニック
この記事へのコメント