2018年11月09日

月刊K-POP脚線美人 IZ*ONE ウォンヨン&ユジン 久々の小顔・脚長な新人登場 11月号


WongYoung02.gif
セクシーダイヤモンド「5」は完璧に出るという確信あり。

WongYoung04.gif

ウォンヨンの脚線美gif

久々に言わせてもらいましょう。
「ウォンヨンの脚、長い!!」

ウォンヨンの「원(ウォン)」は、我が女神ソウォンの「원(ウォン)」



020.jpg
もう一人の脚線美人はユジン。
(ウォンヨンの向かって左後方)
ウォンヨンと共に、明らかに「小顔」が目立ちます。


009.jpg


000.jpg
脚が長いから、連結ポーズも決まってます。
短足TWICEとはえらい違いだ(笑)
脚線美人不在の集団がK-POPでのさばると、
ブログ主が個人的に、K-POPに親しむ最も大きな理由である楽しみが
薄れてきてしまうというもの。
そういう意味で、今回の2人の存在は大きいかもしれない。

002.jpg

004.jpg

006.jpg
さりげなく美へそ。

008.jpg
さりげなく美尻。



身長はウォンヨン 169.2cm
ユジン 168.6cm
170僅か手前ですが、共に目立つ「小顔」なため
堂々の脚線美人に認定です。

\(^o^)/


あと・・・・

何か、どこの国から来たのか知らないが
顔がデカくて脚が短い、やたら小さなメンバー
ちらちら混ぜてあるおかげで、(笑)
長身な二人の「ありがたみ」が強調されているのは
計算ずくのメンバー構成なのか・・・・


ウォンヨン、ユジンともにスターシップ所属ということで
将来的には、宇宙少女の妹分としてグループ結成時には
堂々デビューとなるのでしょうか。

Mカでは早速、1位受賞ということで、ほとんど「IOI」してます。
活動期間が2年以上予定ということで、随分と長いですねぇ
ウォンヨンは「ランク1」、ユジンが「ランク5」
元少女時代のスヨンも、AOAのヘジョンも、脚線美人として
ここまで前面に出て目立つことはなかったので、
脚線美人をこよなく愛するブログ主としては、
密かに注目していきたいです。

posted by KYcat at 02:04| Comment(0) | 月刊「K-POP脚線美人」

2018年10月23日

月刊K-POP脚線美人 10月号 Camila 小顔で美尻 B級の星 チョン・ユナ

Yuna Camila00.gif

Yuna Camila02.gif

Yuna Camila03sm.gif

スキニージーンズが似合います。
美尻でございます。ハート(トランプ)ハート(トランプ)




000.jpg


002.jpg
180920 Camila - Red Lips - Yuna Focus



Camila - Red Lips MV



004.jpg
メンバー3人の中でユナの小顔が目立ちます。
ユナ以外の2人は、かなりの底上げ靴。
ユナのみベターっとスニーカー。
と言うことはユナは長身(ぎみ)のはず。


006.jpg
向かって右がラッパーの「ク・ハラもどき」チョン・ユビン
(1992年1月15日生まれ26歳)
一番左がメインボーカルのハン・チョイム(1990年12月4日生まれ27歳)
このふたりはあの路上エロダンサーLAYSHAの元メンバー。
エロダンサーでも、こんなに歌が上手い人がいたんですねぇ

で中央がチョン・ユナ。(小顔のメインボーカル)
(1995年12月9日生まれ22歳マンネ
同徳女子大学校 放送芸能科)
彼女はレイシャではありません。デビュー直前に合流しました。

身長について判明!!
チョイム166cm
ユビン165cm
そしてユナは168pでした。
やはりユナは長身。
170には届きませんが、小顔なので十分、脚線美人です。



008.jpg
こちらは、チョイムです。
脚線美人レベルは、高い方ですが
やはり「小顔」「美尻」で、
ユナを今月の脚線美人にしました。\(^o^)/


脚線美人が不作の昨今のK-POP界。
ユナは新星となるか。期待したいところです。



とは言え、B級なんで
少なくとも、今年いっぱいは、もってくれればと思います。
そうすれば、脚線美人ランキング、
なんとか10人揃うかもしれませんから(爆)


このブログのトップページはこちら
ペンコメント欄の書き込みはこちらfax to
posted by KYcat at 17:01| Comment(0) | 月刊「K-POP脚線美人」

2018年07月16日

月刊K-POP脚線美人 ソロ歌手ミンソ 脚長の実力派

いつの間にか「月刊」になった「K-POP脚線美人」
今回は、ソロ歌手で頭角を現しつつある・・・・

029.jpg
ミンソ!!

僅か0.1秒で分かる「脚線美人の予感」

000.jpg
明かに長〜い脚。そして小顔。

002.jpg
大勢の男女バックダンサーを従えておきながら

004.jpg
この脚の長さ!!目立ちまくり。
ただ・・・・
こんな真っ黒なパンツルックでは、まるで影絵のようで
本ブログ特有の「詳細な査定」が出来ないではないか。

辛うじてお尻の形状が掴めるのがこのgif

Minseo00 Nobcm.gif
やや小尻か・・・・
形状はしっかりしてるか・・・・
まだまだ、未知数は多し。

MV Is Who

022.jpg
週刊アイドルに出演した時の画像。

024.jpg
女性らしい脚線がうかがえます。
小顔だし。

026.jpg
しかし、「売り」はむしろアーティストとしての
歌声で勝負しようとする感があります。


ここでプロフィール。

本名:キム・ミンソ
(今年結婚した女優と同姓同名なのでご注意を)
生年月日: 1996年 4月 9日(22歳)
出身地:光州広域市

身長: 170cm

やっぱり!! ブログ主の感覚に狂いはなかった(^o^)

レーベル: ローエンエンタテインメント
所属事務所: ミスティック(Mystic)エンタテインメント

幼いころから聖歌隊などで歌うのが好きだったミンソ。15歳の頃は、
現ヨジャチングのウナやシンビとともに、ガールズグループの一員として活動する計画
がありましたが、18歳で所属会社を退社。
2015年にMネットのサバイバルオーディション番組「スーパースターK7」に出演しベスト8まで残りました。Ep10でチョン・ドクの名曲「少女と街路灯」を熱唱し、審査員を感動させましたが、惜しくも敗退。しかし、ここで複数の芸能事務所から声がかかり、ガールズグループのメインボーカルとしてのオファーがきました。また「プロデュース101」の出演依頼も来ましたが、アイドルの音楽には距離を感じており、また求められる要素(セクシーダンスなど)に抵抗を感じ辞退しました。
2016年5月27日、ミスティックエンタテインメントに所属。ドラマOSTや、同僚の男性歌手ユン・ジョンシンとともに曲を発表するなどして、評判を得ました。
2017年、ソロデビューの準備中、ユン・ジョンシンの「2017月刊ユン・ジョンシン11月号」で発表された「チョア(好き)」をソロとしてデジタル音源発売したところ、これが大ヒットとなり、ミュージックバンクと人気歌謡でレッドベルベットを破って、デビュー前でありながら1位受賞の快挙となりました。

040.jpg
042.jpg
046.jpg
祝福するググダンのセジョン。

この快挙のおかげで、準備に時間がかかり(事務所に気合が入ったのでしょう)少々遅れて、2月23日にデビューアルバム名「The Diary of Youth」を発表。3月6日、1枚目のシングルとして「멋진 꿈(素敵な夢)」を公開。6月20日に2枚目の「Is Who」を発表。こちらは歌番組でプロモもやりました。7月28日には「ZERO」が公開予定です。


[SuperstarK7] Kim Min Seo - ′A Girl And Streetlamp′ 151022 EP.10
これは凄い!! 一発で惚れてしまうほどの情感豊かな歌唱ではないか。
こちらはオリジナル
EP07の対決シーン

006.png
ググダンのセジョンとツーショット。
少しだけ濱田 マリ入ってる?

009.jpg
「こらぁ それを言うなぁ」

008.jpg
セーラー服も似合っちゃってます。

020.jpg
アンニュイなミンソ。


そして、何と言っても極め付けはこれ!!


028.jpg
覆面歌王ep154 ミンソの「シガヌルダリョソ」
我が愛しのヨジャチングの不朽の名曲「シガヌルダリョソ」を
覆面歌王で歌うミンソ。ベトナム少女の仮装です。

何と言う、感動の歌唱でしょう。
言葉を失い、涙がどっと溢れる・・・・

「ヨジャチングのメンバーになっていたかもしれない」
実力歌手ミンソ。
もし、そうなっていたら、ユジュと共に2大歌姫で
さらに、ハイレベル脚線美人としてソウォン、ユジュと共に
ヨジャチングは「モデル系実力歌手グループ」になっていたかもしれませんね。


先日の人気歌謡では、ダンスパフォーマンスを抑えて、バックバンドで
直立不動の歌唱でした。
まだ、ビジュアルで行くか、歌唱一本でいくか
迷っている段階のようですが、どちらも優れているのですから
自信をもって、ステップアップしてほしいですね。

以上、「月刊K-POP脚線美人 実力派のミンソ」でした。\(^o^)/



このブログのトップページはこちら
ペンコメント欄の書き込みはこちらfax to
タグ:GFriend Minseo
posted by KYcat at 15:59| Comment(0) | 月刊「K-POP脚線美人」