2018年04月11日

よっ! 大統領! トランプ米国大統領 雑記帳



004.jpg

よっ!大統領!
就任当時からトランプ氏を注目し続けているブログ主である。
世界中のマスコミから目の敵にされているが、ブログ主は今でも
その奇想天外な新しい発想に興味を持ちながら見守っている。
なるべく長くならないように、ブログ主の独自の観点のみ、
簡潔に「雑記帳」してみよう。


米朝首脳会談については前回で触れた。
「玉虫色の決着になるのでは。」など、
マスコミでは色々な憶測が飛んでいるが、
トランプ氏には妥協してほしくない。
全てかゼロか。少しでも不完全なら、決裂して帰ってくるべきだ。
アメリカは妥協しないという姿勢を世界に示すだけでもOKだ。

今回は、これ以外のトランプ流について書いてみる。




米トランプ政権は23日、米通商拡大法232条に基づき・・・・

鉄鋼・アルミニウム製品の輸入制限を発動。
(「GATT」「安全保障」「セーフガード」これらをキーワードに検索すると基礎勉強ができます。)

こんなことをしたら世界中が貿易戦争になる。マスコミはそう言ってトランプ氏を攻撃している。事実、中国とは貿易戦争勃発寸前である。中国は米国への報復として大豆、航空機などの関税を引き上げると発表。しかし、そんなことにひるむトランプではない。「待ってました」と言わんばかりに(笑)・・・・
何をした? ←続きはここをクリック
タグ:Donald Trump
posted by KYcat at 15:06| Comment(0) | トランプ米国大統領

2018年04月07日

どうなる朝鮮半島 安心してK-POPを聴くために


006.jpg
これは、若き日のトランプ氏が、当時の米国大統領ロナルド・レーガン氏と握手をしているところである。
ブログ主はこの写真を見るたびに、
トランプ氏への期待を大きくしている。
例えどのような結果になるとしても、
以前の腰抜け政治家の誰もやらなかったことを実行し
何らかの歴史的教訓を得ることが出来れば、それでもよいのである。

朝鮮半島は今までにないほど、風雲急を告げている。
一方で、日本は危機感に欠けて、重要な問題から注意をそらしている。

安心してK-POPを聴くためにも
せめて分析して先を読んでおくくらいしておきたい。

基礎的なことは、そこらのSNSを読んでください。
ここでは、
他には書いていないブログ主特有の視点のみ簡潔に記しておく。

米朝首脳会談が現実的になった。5月から6月初旬とトランプ氏自身が言った。
前回の記事で、既にふれているが、可能性の大きな選択肢として
@決裂を明確にするための会談
A米国の脅威を取り除く代わりに、日本の脅威は維持。
米国と世界が笑い、日本が泣く。
を上げたが、実は

B「ある提案」を元にした意表を突いた展開。
も想定している。今回はそれを述べたい。

@なら日本が「にっこり笑って」焼かれる日が近づく。
Aなら北と南、そろって日本をじわじわと恫喝し続ける。
@Aともに
困った結末しか存在していないが・・・・ある提案って何?続きを読む
タグ:Donald Trump
posted by KYcat at 16:02| Comment(0) | トランプ米国大統領

2017年02月21日

よっ!大統領! 憎いねぇ このぉ〜


お久しぶりでございます。
リアルと私生活で色々と取り込んでおりました。
少々間が空きましたが、新天地のK-POPはしっかり継続しますよ〜
まずは「K-POPお気に入りの曲 1〜2月のリスト」
と言いたいところですが・・・・
その前に

今、ブログ主が大いに注目している

000.jpg
米国大統領トランプ氏
マスコミの大騒ぎ

について、書いてみようと思います。

今回はK-POPとは関係ありませんが
今後のK-POP記事にも共通している点は

世の中の裏の裏を読む。
人の心の底の底を見通す。
展開の先の先を予測する。
その時・・・・
人間社会の真の姿が見えてくる。


ブログ主のトランプ観は一言でいえば
「マスコミ大帝国に対する反逆児」


では始めます。
マスコミを初めとする世間一般の見方とは
かなり違っています。
非常ぉ〜に分かりやすく書きました。
この種の話題に興味ない方にも面白く読んでいただければ幸いです。


日米貿易摩擦の再燃?

「日本は関税をかけて米国に不利にしている。」
「日本の自動車産業は米国の雇用を奪っている。」
大統領のこの言葉で、日本をはじめ世界のマスコミがかみついた。
「トランプ氏は事実誤認をしている。」
「それはレーガン政権時代の話だ。時代錯誤も甚だしい。」
「トランプは馬鹿なんじゃないか?」
ひたすら「事実誤認」という点ばかりに気を取られて
マスコミは大騒ぎ。
しかぁ〜〜し
これはトランプ氏の巧妙な作戦である。
目先のことばかりにとらわれて、「先の先」「裏の裏」を
読もうとしないマスコミ。
彼らがいわばトランプ政権の「逆キャンペーン」を
やってくれているようなものだ。
正だろうが逆だろうが、ここまで大騒ぎされた日には
日本の自動車会社も、黙っているわけにはいかない。
トヨタ社
「トランプ大統領!! それは違いますよ。
日本は震災の2011年以降、円安への市場介入はしていないし、
輸入車に関税はかけていません。(参照
それに、米国にあるトヨタの工場によって
雇用に貢献しているのです。」
トランプ大統領
「おお〜、それは素晴らしいことだ。
ならばトヨタさん、もう一声どうです?」
かくして、トヨタは米国の雇用を増やす宣言をするに至った。
敢えて、時代錯誤的なことを言うことで
日米貿易摩擦の根源に立ち返ってみる。
そして、何が改善され、何が未解決かを再検証してみることを
全世界に問いただしたのだ。


きれいごとを並べて、何一つ前進しない今までの政権とは違い
マスコミに何を言われようと、曲げない信念で
何かが必ず前進する。
まさしく、これぞ「トランプマジック」!!

002.jpg
いよ〜!! 大統領!!
やることがさりげなく、賢いよぉ〜
憎いねぇ このぉ〜〜

(外国人読者の方へ:最後の一言は、日本式の褒め言葉です。)

米国のフォード社も同様のトランプマジックで
雇用促進に協力する宣言をし(メキシコ工場をとりやめるなど)
それに対して、トランプ氏はツイッターで
「ありがとう!!」と来た。
しかし、日本の自動車会社に対しては、無言。
・・・・無言??
これは、日本にアメリカの製品を買ってもらいたいという
思惑があるためですね。
しかし、こればっかりは日本の政府や会社が何をしても
消費者の購買意欲がない限り、無理でしょう。
「アメ車? あんな燃費が悪くて、デカいばかりで
小回りが利かない車なんて買うわけないっしょ。」
「アメリカ産牛肉? あんな危険部位むき出しの
危ないもの、食うわけないっしょ。」
まさしく、これが日本の購買層の本音である。
一番愚かなやり方は、大統領自らが日本の総理大臣に
直談判して迫ることである。実はブッシュ(父)が
これをやっているが、ほとんど無意味であった。
トランプ氏はそんな無駄なことは考えていない。
(事実、安部&トランプの蜜月ゴルフツァーでは
そのような話はなかった。)
トランプ大統領
「今の時代、日本でアメ車は売れないだろうな。」
彼は優秀な商売人なので、当然のように先は読んでいる。
次の一手は何か。
先の先を読む手掛かりがあった。
トランプ氏、大統領専用機や空軍戦闘機のコストが
高いことをかねてから指摘している。
ここで!!
新天地ブログ主の大胆予想、第2弾!!
(ちなみに第1弾は「アメリカ初の女性大統領は
トランプ氏の娘、イヴァンカさんになる。」です。)


ブログ主の大胆予想を読む←ここをクリック
タグ:Donald Trump
posted by KYcat at 01:00| Comment(0) | トランプ米国大統領