2018年04月02日

詭弁に振り回される平成末期の日本


K-POPで特定のアイドルグループが1人勝ちを決めると
K-POPがつまらなくなる。
CLCやググダンがブログ主好みの芸風で楽しませてくれている。
それは大いに結構だが、ではガオンチャートでどれだけ頑張ったか
次回作への期待は・・・・と言っても、1人勝ちのアイドルグループの煽りを食らって、いつ消滅、解散してもおかしくはないのがK-POPの現状である。
ファンの心の問題だけではない。アイドルの活動を支えている出資者が、あきらめて出資を止めてしまうのも早まるからだ。

某一人勝ち現役9人グループが好みの者には問題ないだろうが、
あのグループの中に、好みの女が1人もいないという者にとって
今のK-POP程、つまらないものはない。

バカバカしくて、K-POPブログなんて書いていられなくなる(笑)(笑)

いやいや、そんなことはありません。
愛しの、あのぴかぴか(新しい)「聖なる女性」ぴかぴか(新しい)がK-POP界で活躍している限り
ブログ主の情熱が冷えることはありませんよ〜〜〜〜〜〜。

とは言え、今回は少々横道にそれてみます。


K-POPと来れば、朝鮮。

000.jpg
朝鮮半島が風雲急を告げている。

今、日本が真剣にならなければならないことは山ほどあるのに
政治の世界では、恐ろしく無駄なことに時間と量力を費やしている。


財務省官僚の証人喚問


細かいことはニュース解説をご覧いただきたい。
ここでは、ニュースも報道も、そして他のSNSでも見ることのない
ブログ主の個人的見解のみを書いてみる。

続きを読む
タグ:Zapruder Film
posted by KYcat at 13:10| Comment(0) | 平成末期の日本を憂う