2019年04月03日

月刊K-POP脚線美人4月号 IZONE ウォンヨン 初々しい脚線美 健在

WonYoungVL00.gif

WonYoungVL02 small.gif

WonYoungVL02 UP.gif



WonYoungVL04 slow cropped.gif



このブログのトップページはこちら
ペンコメント欄の書き込みはこちらfax to
posted by KYcat at 17:04| Comment(0) | 月刊「K-POP脚線美人」

2019年04月01日

K-POP女性歌手の最新MVに見る朝鮮の終末、世界の終末


ぴかぴか(新しい)「 令 和 」ぴかぴか(新しい)


新しい元号が発表されましたねぇ
万葉集から取ったと言うことで、印象的なのが
「初春の令月」
「令月」という言葉は変換で出てこないほど、馴染みがありませんでしたが、これには、いにしえの万葉人たちの繊細な日本の自然への感覚を感じ取ることができます。
月見といえば秋ですが、実は、初春の月も、秋同様くっきりしていて綺麗なんです。
まだ冬が残っているせいですね。いわゆる春のおぼろ月とは違います。

290.jpg
「中秋の名月」で秋の月見もいいけれど、新元号を機会に
初春の月見で「令月」を楽しむことを始めるのもいいかもしれません。
日本人の古来の繊細さ、哀れや風流を愉しむ感覚を取り戻すことで
5月から始まる新しい時代を、より発展性のあるものにしたいものです。
(ちなみに「令」を「命令」の令として、批判的なことを言う輩がいるが
「令嬢」「令息」「令婦人」のように「よい、りっぱな」という別の意味があるのを知らないことを晒してるようでみっともない。他人の親族に対する敬称でもある。)

新元号を記念して、
「世界の終末」をビジュアルに記事にしてみたいと思います。
(↑ いきなり「終末」かい!!)笑

古来の美しき繊細さを取り戻そうとする日本と比べて
お隣の国の政治関係者の「がさつさ」は
不愉快極まりないものがあります。
オリンピックに浮かれて
南北融和ムードを推し進めた南北朝鮮。
世界はもろ手を挙げて歓迎するかと思いきや
世の中そんなに甘くない。
やりたい放題の朝鮮に対して
米国大統領は踵を返して帰ってしまい、
(またやってるよ)「天皇謝れ」に対して
日本は毅然と「一連の発言は甚だしく不適切であり、コメントする気にもならない」と批判し、議長に対して謝罪を要求し返し、
(↑ ↑ 日本の官房長官あっぱれ!!)
朝鮮半島は今までにないほど不安定になっている。
それどころか、
イギリス、中東、印パ・・・・
世界中が不安定になり、
愚かなるマスコミ大帝国の予想は外れを連発。
フェイクニュースに惑わされないためには
もはや、個人自らが感覚を研ぎ澄まし、先を読む技を身に着ける以外になくなっている。

そんな世界の終末の予感を、
才能あるK-POPのクリエイターたちは感じ取っているのだろう。

最新のK-POPのMVに
それを如実に表現しているものがあるので特集してみる。

(G)I-dle 「Senorita」



(G)I-dle - Senorita MV


作曲とプロデュースをメンバーの才女、ソヨンが担当。

000.jpg

002.jpg
彼女の舐めるロリーポップをよくみると

004 (2).jpg
中には カミソリ〜〜 (怖!!)


SenoritaMV00 slow.gif
土煙の舞い上がりや、掠めたときの髪の動きなど
CGが凝ってますね。


SenoritaMV02.gif
危険が眼前に迫りながらも
表情一つ変えずに歌い続けるアイドル。





006.jpg
ペルシャ絨毯かよ!!(←ミムラかよ!!)爆

008.jpg
スジンの乗るエレベーターは

009.jpg

020.jpg
奈落の底の地獄行き

022.jpg
行きついた先は、火の海だった。


024.jpg
「お祝いのケーキよ。」


026.jpg
ガス漏れかよ!!


028.jpg

029.jpg
美人のミヨンは大丈夫かと思ったら

060.jpg

062.jpg
危ない・・・・

064.jpg
映画「ファイナルデスティネーション」ですね。

066.jpg
アイドルたちの

068.jpg
お迎えの車と思いきや

069.jpg
それは、無人の火の車

080.jpg
爆発


082.jpg
♪フ、フ、フフ、フ、フフフ

084.jpg
あ ・ ぶ ・ な ・ い


SenoritaMV04 slow.gif


086.jpg
驚きもせずに歌い続ける彼女たち。
しかし、その瞳は

088.jpg
うつろなまま・・・・


089.jpg
いいですねぇ〜〜
この「終末観」





お次は



ソンミ「Noir(ノワール)」

999.jpg
今回も作詞作曲はソンミ自身です。
今回は、歌番組などのプロモは行っていません。
彼女自身「資金力と組織力に任せたごり押し音源数」に
うんざりしてしまったのかもしれません。




Sunmi - Noir MV




260.jpg
262.jpg
264.jpg
266.jpg
268.jpg
269.jpg
280.jpg
282.jpg


289.jpg
K-POPアイドルのMVで
残酷描写(血の色)がここまでリアルさを持ったのは珍しい。

Hit-U-slow.gif
どんなにリアルでも、血の色を「イチゴクリーム」のピンクにするなどの
抑制があったものです。
(指ピストルだから、それが抑制といえばそうですが。)


090.jpg
寂しい「ひとりバースデー」

092.jpg
ケーキが炎上

094.jpg
平然と自写。



096.jpg
脚線美の見せ方がうまくなりました。

098.jpg
ソンミは「骨盤の幅が貧弱」という欠点があるのですが

099.jpg
うまく、目立たないようにしています。

ワンガの事務所を離れてよかったね。
あそこの社長は何せ「脚線美人 不感症」ですからぁ(笑)

200.jpg

202.jpg

204.jpg



206.jpg

208.jpg

294.jpg
食塩水なら、より効果的(笑)


222.jpg
「仕事、終わったぁ」

224.jpg
あ・・・・
世界も終わった?


226.jpg
いいですねぇ この「終末観」「終焉感」





292.jpg
世界の行く末は、この人の再選にかかっていると言っても過言ではない。
グローバリズムが蔓延しすぎて、世界が不安定になっている。
それをトランプ氏は、ほどよく引き締めにかかっているのだ。

ところが、トランプ氏が再選しなかった時、
「反トランプ」による反動政治が世界で爆発するだろう。
その時、不安定な状態の世界は、
一気に崩壊に向かって突き進むことになる。

好き嫌いに関わらず、トランプ大統領の再選を祈ることだ。
さもなければ・・・・

日本は、いつまでも東の外れで、平和というぬるま湯に、のんびり浸かっていることもできなくなるだろう。



このブログのトップページはこちら
ペンコメント欄の書き込みはこちらfax to
タグ:Sunmi (G)I-DLE
posted by KYcat at 08:50| Comment(0) | K-POP マニアックな愉しみ

2019年03月28日

月刊K-POP脚線美人3月号 帰ってきた脚線美人アンダwith 別嬪バックダンサー

特報!!

脚線美人が不作の昨今のK-POP界
それを吹き飛ばすかのように、
本ブログが以前から注目の脚線美人
帰ってきました!!


000.jpg

002.jpg
ANDA姉さん!!


「가족같은 カジョッカットゥン」で本格的プロモをやったものの、その後は歌番組に出演せず、モデル系、アート系のMV活動が主となり
これでANDAも消えてしまうのかと思いきや

999.jpg
今度は、プロダクションを大手YG系に移して
本格的にプロモ開始。
作曲は「Playing With Fire」「뚜두뚜두 (DDU-DU DDU-DU)」などの
ブラピンの曲も手掛けるR.Tee。
金と組織力のごり押し大手事務所が好きになれないブログ主ですが
こういう形なら歓迎です。
数に流されるのが好きなアイドルファンという「都合のいい家畜」から
ひたすら金を巻き上げ、その資金をANDAのような個性派、実力派の
歌手に投資する。それで、アンダの魅力が作品として残れば
それでいいのです。
別に爆発的に売れる必要などないのです。

新天地特性オリジナルgifで鑑賞していきましょう。

AndaCR00.gif
おお〜〜〜〜〜!!
アンダ姉さんの脚、長ぁ〜〜い

AndaST00.gif
脚線美人のステージってのは、こうやって魅了するんですよ。

998.jpg
社長!! そのへんのところよく分かってますか?
まあ、無理でしょうね。脚線美人 不感症じゃぁ(笑)

AndaST04 short.gif
顔よりへそ回りの、エロい腹筋に注目。(←こら!!)

AndaST06.gif
脚線美強調の衣装です。

AndaST26.gif
白いショーパンがまぶしい。

AndaST09.gif
勇ましい決めポーズ。
身長170なのにハイヒール(笑)



・・・・と、ここまで来たところで
実は私、
アンダ姉さんとは全く別のものに気を奪われてしまったのです。
(何?    何?)

それは・・・・




006.jpg
バックダンサーの・・・・

008.jpg
このお姉さん!!!!

なんか、凄い美人なんですけど。
すごくタイプなんですけど。



009.jpg
おお アップになってきたけど
顔が外れた。

020.jpg
少し見えた。

022.jpg
でも、ブレた〜〜
バックダンサーだから、しょうがないかぁ
これが宿命だというのかぁ
う〜〜〜〜む。それでも、もっとよく拝見したい。
コマ送りする楽しみを最大限に味わわせてくれるこのステージ。
新天地流、ザプルーダーフィルム式検証の出番だぁ!!!

024.jpg
ちなみに、アンダの手のアップ。
指、意外と短いですね。(←関係ねぇって!!)笑



R.Tee x Anda - 뭘 기다리고 있어(What You Waiting For) PERFORMANCE VIDEO

ダンスバージョンのMVが何と「4K」画像。
これは、新天地式に画像解析しない手はない!!


AndaCR BackDancer00 short.gif
おお〜〜 美人なうえに、プロポーションもハイレベルか。
脚線美人の予感がするぞ!!

AndaCR BackDancer02.gif
身長170のアンダ姉さんより、やや小さいが
かなりの小顔。

AndaCR BackDancer04.gif
アンダ姉さんと一緒に「時間がないのよ」振り付け。

もっと近くに寄りたい!!

AndaCR BackDancer06.gif
おお〜〜ハート(トランプ) ハート(トランプ)

AndaCR BackDancer08.gif
バックダンサーらしく、練習場では「すっぴん」です。
やはり目立たない宿命にあるからか。
しかし、姉さん・・・・目立たないようにすればするほど
美人は目立ってしまうのですよ。
もっとアップにしろって?
いいでしょう!!

AndaCR BackDancer08 CloseUp.gif
うぉおお〜〜〜〜ハート(トランプ) ハート(トランプ) ハート(トランプ) ハート(トランプ)
すっぴんでもかなりの美人。
(少し、モモランドのデイジー入ってるかも。
ちなみに彼女は現在、休業中。早く帰ってきてね。)

028.jpg
もしかして、アンダ姉さんより小顔?
アンダ姉さんより、脚が長い?
これは大変なことになったぞ。

AndaCR BackDancer20.gif
ああ・・・・もう行ってしまうのですか。
せめてお名前だけでも。


ならば、歌番組のステージで、もっと検証しようではないか。


Anda's Back Dancer02.gif
歌番組なので、薄化粧してさらに美人になってる!!

060.jpg
横顔の美形度は?

062.jpg
かなりのハイレベル。

064.jpg
これは、超厳しい新天地の基準をクリアするといってもいいかも。


066.jpg
鼻の孔の形状は?
バックダンサーなんだから、そんなのわかるわけないって?

いいや!! 新天地なら可能です!!

068.jpg
おお〜〜!! これはかなりの美しさかも。

美乳度は?

069.jpg
これもかなりのハイレベル。
大きさより形重視のブログ主としては
このくらいが丁度よい。

Anda's Back Dancer06.gif
着衣でこの位だと、生乳は
プレイボーイプレイメイトも真っ青の
超美乳の確立が非常に高い。
ブログ主は自信をもって断言します!!

しかも、バックダンサーだから、アイドルみたいに
無理して寄せてあげたり、詰め物をしたりする「工作」は
一切必要ない。だからこその、リアリティです!!


080.jpg
ああ・・・・ 見れば見るほど

082.jpg
すごくいい女だぁ

Anda's Back Dancer00.gif
どうしよう


Anda's Back Dancer08 long.gif
惚れてしまいそうだ。
しかも、バックダンサーだから、ことによると
その素性が永遠にわからないかもしれない・・・・
そんな逆境が、さらに恋心を燃え上がらせる!!

小顔で脚の長い脚線美人。
さらに横顔美形でお胸が美乳って・・・・
パーフェクトな女の予感がひしひしと迫るではないか。

084.jpg
バックダンサーの別嬪のお姉さま。

086.jpg
いっそ、本格デビューしてみたら?
CLCみたいな例もあります。
仲間のダンサーに、強力な歌姫を加えれば、
かなりいけるかもしれませんよ。

実際、このダンサー集団、ソンミやワンガ、ジェニなどの
ステージでかなり活躍しています。
見慣れた顔もちらほら。
でも、この別嬪のお姉さんは、最近加入という感じです。




というわけで、今回の月刊脚線美人。
途中からアンダ姉さん、そっちのけで
バックダンサーを語ってしまいました。(笑)
\(^o^)/




ブログ主は、美しいお姉さまに弱いんですぅ〜〜


このブログのトップページはこちら
ペンコメント欄の書き込みはこちらfax to
posted by KYcat at 15:01| Comment(0) | 月刊「K-POP脚線美人」